Tether社が約275億円相当のUSDTを発行したとの動き、BTC上昇相場に影響はどの程度出る?

Tether社が2018年5月18日にUSDTを2億5000万ドル(約275億円相当)を新規発行しました。

Tether社は今年の3月にも同様にUSDTを大量発行しましたが、その際にはドルを実際に保有しているか疑惑が生まれました。その当時、Tether社は価格操作をしているのではないかと指摘をされ、今回の価格に対しても影響があったのではないかとされています。

Tether社の新規発行について

5月18日に約2億5000万ドル分(約275億円相当)のUSDTを発行したと報じられています。これによって、USDTの流通量が25億枚に達しました。また今年の3月にも同様にUSDTが大量発行された際にドルが実際に保有されているのか疑惑がありましたが、再びその疑惑が問題視されています。

Tetherの仕組みとは?

Tetherの仕組みですが、Tetherは運営である「Tether Limited(Tether社)が法定通貨の管理や「Proof of Reserves(PoR)」のシステムにより、Tetherの新規発行をしています。Tether社に法定通貨を預ける事により、預けた金額分のTetherが発行されます。

そしてTether社に預けている法定通貨を引き出す際に「Tether」を入金することによって引き出す事ができる仕組みです。

またこれにより、Tetherと他の仮想通貨の価値を連動することを実現しているので、Tetherをビットコインなど仮想通貨が下落した際の避難先として利用している投資家もいます。

ですが、仮想通貨でもTether社は中央集権者となっているため、破綻してしまったり、ハッキングされたりなど危険性があるため、注意をしなければいけません。それだけではなく、価格が連動しているとは言え、完全に価格が連動しているわけではありません。そのため、価格差が出る可能性もあります。

Tether社の価格高騰への影響

2017年4月には金融機関「ウェルズ・ファーゴ」はBitfinexの送金を中止しました。それにより、口座からドルを引き出す方法として、特別な手続きをしなければいけなくなりました。またこのような問題を解決する際に使われていたのがTetherになります。

ですが、Tether社が1日で3億ドルのUSDTを発行したことが判明しており、USDTの裏付けとなるドルが実際に保有しているのか疑惑が浮上しています。またTether社と仮想通貨取引所であるBitfinexの不透明さに対して、批判が多くありました。

Tether社のUSDTの発行によりビットコインの価格が高騰しているのではないかと疑惑があり、この疑惑が本当であればビットコインの価格が暴落してしまう事もあったため、Tether社に批判が多く集まりました。

そして、今回Tether社は2億5000万ドル(約275億円相当)のUSDTを5月18日に発行しました。そしてBitfinexのチャートではビットコインの価格が18日に2度大きく上昇しています。そのため、ビットコインの価格に今回のTether社が新規発行したUSDTは大きく関係しているとされています。

また、Tether社のTetherには不安要素が多いのですが、それに対してCircle社は「US dollar coin」という相互運用性を持っている仮想通貨のプロジェクトを開始することを発表したため、今後USDTの代わりとなる仮想通貨が増加していくと思われます。そのため、投資家の皆さんも注目をしていただけたらと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

linea