オタクコインでアニメコンテンツ製作支援?

2018年5月9日、アニメや漫画の販売を手がける、アメリカのトーキョーオタクモードがオタクコインを作るという構想を発表しました。

これにより、アニメコンテンツの製作者を支援したりグッズの販売で使うことを想定しているそうです。

アニメカルチャーを支援

オタクコインはアニメや漫画などの製作者と、作品のファンの間で使われる仮想通貨です。オタクコイン準備委員会が発足され、日本語のコンセプトペーパーがアップされました。

その中ではオタクコインは、あらゆるオタク文化(アニメ・漫画・ゲームなどのコンテンツや、それを中心にした創作・コミュニティ活動、付帯する活動などすべて)の維持と発展のために設立され、2018年夏以降の発行を目指しています。

ベースとなるブロックチェーンはイーサリアムで、ERC-20タイプのトークンとして開発される予定です。発行上限は1000億枚で、専用のウォレットアプリも開発する予定。
オタクコイン保有者はアニメの配信サイトなどで、好みの作品の配信に投票できるようにできるなどの仕組みもスタートすることで、正規ルートでの購入にファンを促すことをもくろんでいます。

発案はトーキョーオタクモードですが、プロジェクトの発展のために第三者を交えた準備委員会を設立しました。この準備委員会は外部の人間が過半数を占めています。

オタクコインの目標は、

ファンがオタク文化の発展に寄与しやすい投票・資金提供できるシステムを作る。
このことでクリエイターが経済面でも安定するようになり、コンテンツ製作に打ち込める状況を作りやすくなります。

コミュニティの中で等価値利用できる通貨が誕生することによって、法定通貨利用時のような為替や決済のわずらわしさ、手数料を抑えることができます。
購入しやすい環境をつくることで、その分野に参加する人が増えてよりマーケットが拡大します。

世界中のファンが、正規ルートで漫画を購入したり映像コンテンツを視聴することでクリエイターに正当な対価が支払われます。これにより健全なコミュニティが広まっていくと予想されます。
特に最近はインターネットの登場で海賊版が多く出回っているので、出版社や製作者にとっては重要なテーマです。

リリース時にはエアドロップを行うとロードマップに記載されています。アドバイザーには日本人も多数あり、プロジェクトの賛同企業は国内外の多岐に渡ります。

広がる経済効果と海賊版

アニメや漫画のコンテンツは、いまや国を問わず人気が高いです。
ヨーロッパ各国ではアニメファンが集う大規模なイベントも毎年開催されており、アニメの舞台になった場所を訪れる「聖地巡礼」は国内外から多くの人が訪れるほど。

データが少し古いのですが、2011年のアニメ製作市場は1571億円でした。業界最大手の投影アニメーションの売り上げは330億円。
その一方でユーザーが支払った金額をベースに算出された産業市場の売り上げは1兆3393億円にも上ります。

2014年にアニメ・漫画を含む日本のコンテンツの収益は1234億円にも上ります。しかし、海賊版の被害も大きく2888億円と正規の利益の倍以上という悲しい結果に……。

同年の売り上げ金額は正規ルートは3994億円で、海賊版による被害額は9348億円と巨額に上ります。

アニメ・漫画だけで考えても海賊版による被害額は500億円とも呼ばれており、外国のサーバーでインターネット経由で行われる権利侵害を改善するために経産省の発足した「マンガ・アニメ海賊版対策協議会」も対応が難しい状況です。

トーキョーオタクモードやオタクコイン準備委員会は、正規ルートでコンテンツを買うというシステムを確立させることで日本のコンテンツの活性化を狙っています。

オタクコインが将来的にビットコインのように価値が上がれば、日本のコンテンツも盛り上がると小高CEOは期待を寄せています。

英語/美容/ダイエット/健康/映画/音楽がメイン。ライター等を勉強中。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

linea