トム・リー氏が予想した「コンセンサス2018」のBTC価格の強気予想外れる

コンセンサス2018がアメリカ・ニューヨーク市で今年も行われました。「Fundstrat Global Advisers」の共同創業者であるトム・リー氏はコンセンサス2017の開催後にビットコインの価格が大きく上昇したことを含め、今年も価格が上昇すると予想をしていました。

トム・リー氏はコンセンサス2018の開催でBTCの価格上昇を予想

「Fundstrat Global Advisers」の共同創業者であるトム・リー氏は仮想通貨ビットコインの価格予想をするマーケットストラテジーファームとして知られていました。この企業はビットコインの価格が2019年末に「64000ドル」に達すると予想をしており、トム・リー氏は、ビットコインの価格が上昇した理由として「マイニング」のインフラストラクチャーの成長が大きな理由としてあると発言をしています。

またトム・リー氏はそれだけではなく2020年までにビットコインの価格が「91000ドル」に達するとも予想をしています。またビットコインについて下記には「次世代の資産」として、現在の法定通貨や「金」の代わりとなる存在になるとも述べています。

トム・リー氏は今年の5月に開かれた「コンセンサス2018」の先駆けとして、予想を発表しており、昨年のコンセンサス2017の開催後にはビットコインの価格が69%上昇して、その2ヶ月後に138%上昇したことに対して言及をしており、それと同時にコンセンサス2017の参加者は前年度に比べると2倍以上となっています。

そういったことから2018年に開催されるコンセンサス2018も参加者は2倍以上になると予想をしていました。だからこそ、コンセンサス2018の開催期間中に昨年同様にビットコインの価格は上昇するとトム・リー氏は述べています。

コンセンサス2018の開催後もBTCの価格上昇はしなかった

結論から言ってしまうとトム・リー氏の世l層は外れました。実際にコンセンサス2018の開催にたいして 参加者は前年度に比べると3倍の8500人が参加をしましたが、ビットコインの価格が上昇することはありませんでした。

その理由の1つとして挙げられるのが、仮想通貨業界に大きく関わりを持っているサポーターのために開かれた物ではないということや、コンセンサスに参加するためのチケットが1枚2000ドルとなっており、簡単に購入することが出来る物ではありません。

また仮想通貨では購入することができないということもあり、コンセンサスは仮想通貨に影響を与える人物が登壇するのにも関わらず、仮想通貨で決済することが出来ないことにtがいして批判があったというのもあります。

また一部の投資家は全体的に浅はかなスピーチが多く、チケットの価格に対して、話の内容があまり良くなかったと批判をしています。

ですが、トム・リー氏はコンセンサス2018の開催によってビットコインの価格が上昇しなかった事に対して楽観的に考えています。

ビットコインを含めた、仮想通貨のシステムというのは未だに不完全な部分もありますが、規制なども入り、問題点は徐々に解決されています。また今年の7月には世界で統一された規制が入るということもあり、明確化される事でビットコインを含めた仮想通貨は価格が上昇する可能性が高くなります。

またトム・リー氏はコンセンサス2018が開催された期間中に仮想通貨に対して「確信」を持ったとも述べています。このように仮想通貨に対して期待を多く持っているため、今後どのようになっていくのか注目をしたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

linea