仮想通貨をホールドすべき? バリュー平均法による投資方法を伝授

皆さんは仮想通貨を保有していますでしょうか?今回は仮想通貨をホールドするべきなのか、バリュー平均法による投資方法を紹介させていただこうと思います。皆さんも今回紹介させていただくことを参考にしていただけたらと思いますので是非最後までご覧ください。

仮想通貨投資には何が大切?

まず最初に仮想通貨投資には何が大切だと思いますでしょうか?

仮想通貨というのは1年間でかなり話題となり、人気になりました。それによって価格というのはかなり上昇したというのがあります。またその中でビットコインの価格というのは昨年10月以降に100万円を超え、一時200万円を超えました。

その後2月までに70万円まで暴落してしまうなどビットコインというのは価格変動がかなり起きたというのがあります。またそういった仮想通貨というのはビットコインだけではなく、イーサリアムなど様々な仮想通貨があります。

このような仮想通貨というのは「価格変動」が常に起きているということは価格が一気に上昇する可能性もあるし、逆に暴落してしまう可能性というのもあるということが言えるわけです。

そういった時に仮想通貨というのは価格が暴落したとしても「ホールド」しておくことによって「損」をすることはないというのがあります。ですがホールドというのは長い期間保有しておかないといけないということもあるため「精神的」にも我慢をしなければいけないです。

そういった時に今回のタイトルにもあるように「ホールド」をするべきなのかということです。確かにホールドは大切になりますが「利確するタイミング」も仮想通貨投資には大切だといえます。

利益を出す為には「購入した価格」と「売却する時の価格」に差があることによって利益を出すことが出来ます。そういった「利確するタイミング」に使えるのが「バリュー平均法」です。

バリュー平均法について

ではバリュー平均法について紹介させていただこうと思いますが、バリュー平均法というのは元々は仮想通貨の投資ではなく株式市場で使われてきた投資戦略となっています。仮想通貨というのは価格変動が起きやすいため、投資によって利益を出しやすいのが特徴としてあります。

そこでバリュー平均法のやり方について紹介させていただこうと思いますが、「価格が安い時に多くの仮想通貨を購入する必要」というのがあります。そして「価格が高い時は少ない量の仮想通貨を購入する」というのがあります。

そして最後に「仮想通貨が高値」になっているのであれば、全てを売るのではなく価格が安い時に買った仮想通貨の一部を売却してください。
これによって得られる効果というのは仮想通貨の「平均価格」を引き下げることが出来るということや売却する平均価格を引き上げることが出来るというのがあります。そういった理由からバリュー平均法が非常におすすめな理由としてあるわけです。

バリュー平均法の短所について

最後にバリュー平均法の端緒について紹介させていただこうと思います。短所としては「購入対象」となる仮想通貨の価格が下がり続けてしまう事によって、仮想通貨を多く買い続けなければいけないため投資額が多くなってしまう事があるというのがあります。

勿論、価格が下がり続けている時に最大の投資額を決めていることによって価格が上昇したときに「売却」することで利益を出すことが出来るというのがあります。ですが時間がかかってしまったり、投資額が多くなってしまう事があるので注意をしなければいけません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はバリュー平均法について紹介させていただきました。

皆さんも今回紹介させていただいたようにバリュー平均法というのは投資戦略としてはとてもおすすめです。そのため、是非今回紹介させていただいた方法を試してみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

linea