仮想通貨ショッピングの価格比較サイト誕生?

仮想通貨ショッピングの価格比較サイト誕生?

最近は買い物をする際にインターネット上で価格を確認し、一番安く商品やサービスを提供している業者を選んで買い物をする人が多くなっている。
特定の商品の価格を比較するサイトは日本でもお馴染みであるが、海外では仮想通貨を利用可能なお店を検索し、商品の価格を比較することができるサービスが登場している。その名は、「Ahoolee」である。

仮想通貨ショッピングの価格比較サイトはありそうでなかった?

仮想通貨は雨後のタケノコのように世界中で乱立しており、その数は1,000を超えていると言われている。
ただ、実際に利用価値が高いのはビットコインやイーサリアム、リップルなどのメジャーコインであり、多くの仮想通貨は決済機能を持っていないとされている(要するに使える店がないのだ)。

そんな中、Ahooleeは購入したい商品、使いたい仮想通貨を比較することができる最初のプラットフォームである。
仮想通貨はその価格の乱高下だけが取り上げられることが多いが、元々は決済目的で開発されたと言われている。
2008年にビットコインが論文で提唱され、2009年にピザの購入で使われたように、仮想通貨は迅速かつ、安い手数料での決済を目的に作られたのだ。

FXに似ている。海外での買い物の感覚に近い?

仮想通貨を購入後、運が良ければ大きな利益を手にすることができ、下がり基調に入ってしまうと信じられないような損失を受けることがある。この点は、外国為替証拠金取引(FX)に似ているところがあり、あまり知られていない流動性が低い外貨に投資してしまうと、暴騰したり、半値になったりすることがあるのと同じようなものだ。

一方で、FX取引は外貨に投資を行っているため、米ドルやユーロ、イギリス・ポンドなどのメジャー通貨の場合、そのまま海外で利用するという方法がある。
海外旅行や海外出張などで外貨を利用することによって、損失を受けた気持ちがやわらぐ経験をした人は結構いるのではないだろうか。
Ahooleeは仮想通貨で買い物をする人をターゲットにしており、海外での買い物に近い感覚でショッピングをするためのインフラを整備していると言える。

仮想通貨をそのまま使う時代到来?

人間は投資を行って失敗してしまうと、あまりそのことを周りに話さない傾向がある。「知識ゼロから株で資産3億円!」とか「FXで主婦が大富豪に!」などの書籍を本屋で見かけることがあるが、実際には投資成功者の何倍もの失敗者がいると言われている。

仮想通貨の投資でも、テレビや雑誌などで億万長者になった人が登場することがある。
そんな人のことを、「億り人(おくりびと:仮想通貨投資で資産1億円を超えた人)」と呼ぶらしい。

一方で、高値で仮想通貨を購入してしまい、売るに売れなくて泣いている人も結構いるはずである(このような状況のことを、金融業界では「塩漬け」と言う)。

塩漬けになってどうしようもなくなった仮想通貨であっても、Ahooleeを利用すれば買い物に使えるケースがあり、投資の失敗による心の傷を若干は癒す作用があるだろう。
仮想通貨を購入して利益を出している人にとってもAhooleeは使い勝手が良く、一番合理的な形でショッピングができるため、今後利用はさらに拡大していくだろう。

仮想通貨比較サイトAhooleeの役割

仮想通貨は「通貨」と呼ばれているが、法定通貨と違って強制通用力はない。そんな中、Ahooleeは仮想通貨の利便性を高め、「どの仮想通貨をどの店で使えるか」だけではなく、「どの商品を一番安く買えるか」という情報まで提供しており、この点が大きなイノベーションと言えるだろう。英語が得意な方で、仮想通貨を持っている方はAhooleeのウェブサイトを覗いてみてはいかがだろう。なぜか、ロシア語の対応もしているAhooleeであった。

Ahooleeのショッピングサイト

コインマン
日本初の仮想通貨評論家「コインマン」として活動する元外資系金融マン。債券ブローカーとしてニューヨークで勤務し、東京では当局対応として金融庁と対峙したリアル半沢直樹。
毎朝4時に起床し、仮想通貨ニュースを執筆する日々を過ごしている。フランスに留学していた親仏家であり、ヨガインストラクターを目指していたヨガマニアでもある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする