仮想通貨で世界で最も安全で信頼性の高い決済システムが誕生?

世界で最も安全で信頼性の高い決済システムを利用した仮想  通貨が誕生?

2017年8月にかねてから噂されていたビットコインの分裂が現実のものとなり、ビットコインを取り扱う取引所や利用可能店舗が対応に追われている中、世界中で新たな仮想通貨が次々と誕生している。
そんな中、「ブロックチェーンの良いところを全て取り入れ、世界で最も安全で信頼性の高い決済システムを利用可能」と自信満々に登場しようとしている仮想通貨がアメリカにあるのをご存じだろうか?その名は、「ATB Coin」である。

始まる前から世界を見ているATB Coin

そんなATB Coinの公式ウェブサイトにアクセスしてみると、SF風のおしゃれなデザインになっており、よく見ると日本語対応がなされているではないか!「wallet」が「ヴァレット(本来はウォレットだろう)」になっているなど、一部微妙な部分はあるが、その辺りはご愛敬ということだろう。
言葉など、読めて何となく理解できれば良いのだ。
英語はもちろんのこと、中国語、ヒンディー語、インドネシア語、韓国語でもATB Coinのウェブサイトを読むことが可能である。
韓国を除いて、人口1億人以上の国の言語対応をしており、ATB Coinは2017年9月の業務開始前から世界を見ているスケールの大きな仮想通貨である。

ビットコインのデメリットを解消?

ビットコインが分裂した背景として、送金が完了するまでの時間が長くなり、決済コストが上がったことがあると言われている。
ビットコインは瞬時決済、低コスト送金をうたい文句に登場したはずだが、取引量が多くなりすぎて、この前提が崩れてしまったのだ。
そんなビットコインに怒りを感じたかどうかは知らないが、ATB Coinは取引速度を大幅に向上させ、ほぼゼロに近い安い手数料での決済を実現させるという。

登録方法は簡単

ATB Coinはウェブサイトから登録を受け付けており、メールアドレス、パスワードなどを入力するだけで手続きができ、とても簡単である。
続いて、ATB Coinの購入方法であるが、ビットコイン、ライトコイン、イーサリアム、ZCASHで入金処理を行った上でATB Coinを買うプロセスになっている。
ATB Coinを買うために別の仮想通貨を保有している必要があり、少し不便な感じがするかもしれないが、米ドルやユーロ、日本円などの法定通貨を経由するよりはシンプルで手数料なども安くなる。
スタートアップ仮想通貨の場合、この購入方法はよく使われている方法である。
ATB Coinの価格はウェブサイトで表示されており、ビットコイン、ライトコイン、イーサリアム、ZCASHを持っている人であれば、保有額に応じてATB Coinがどれくらい買えるかを計算可能になっている。

15分で13億円を調達

ATB Coinは、ニューヨークに設立されている「ATBCOIN LLC」という企業によって運営されており、業務を開始する前の2017年6月に1,200万ドル(約13億円)の資金調達に成功している。
驚きなのは資金調達手続きを開始後、わずか15分で1,200万ドルが集まった点である。
アメリカ、カナダ、中国の投資家からの出資が多かったということであるが、仮想通貨開発のダイナミズムを感じるエピソードである。

bitcoinの問題点から

ビットコインの分裂劇によって、中央管理者がいない仮想通貨の問題点が浮き彫りになったと言われている。
同時に、ビットコインが抱える問題を補うための新しい仮想通貨を開発するエンジニアたちが世界中におり、優れたサービスを提供するところだけが生き残っていくのだろう。
ATB Coinは粗削りだが、6カ国語のウェブサイトを用意し、瞬時決済、低コスト送金のハードルに果敢にチャレンジしようとしている。
一度ウェブサイトを訪れる価値のある仮想通貨である。

コインマン

日本初の仮想通貨評論家「コインマン」として活動する元外資系金融マン。債券ブローカーとしてニューヨークで勤務し、東京では当局対応として金融庁と対峙したリアル半沢直樹。
毎朝4時に起床し、仮想通貨ニュースを執筆する日々を過ごしている。フランスに留学していた親仏家であり、ヨガインストラクターを目指していたヨガマニアでもある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする