【初心者でもわかる仮想通貨】The DAOって何?

The DAOって何?初心者にもわかる仮想通貨
仮想通貨で「The DAOとはなんなのか?」という疑問が多くあります。
今回は「The DAO」について初心者でも分かりやすいように解説していきたいと思います

The DAOとは?

まずThe DAOとはなんなのか説明していきたいと思います。
The DAOとはイーサリアムベースの”自律分散型”投資ファンドのことです。簡単に説明すると「プロジェクト」のことでプロジェクトに参加するために使用されるトークン(仮想通貨)をファンドマネージャーがいない状態で取引する仕組みです。
The DAOの仕組みは投資ファンドの資金を投資家などから集めずスマートコントラクトで集める仕組みを採用しています。
スマートコントラクトとは、トラクト(契約)をスマートに行ってくれるシステムです。契約の確認や遂行までを自動的に強制(スマートに)できるためスマートコントラクトと呼ば
れています。
The DAOに参加するためにはThe DAOのトークン(仮想通貨)が必要です。
The DAOはイーサイアムに構築されたプロジェクトなのでトークン(仮想通貨)の購入はEther(イーサ)で支払う必要があります。

The DAOのメリット

The DAOの概要を説明しましたが、どのようなメリットがあるのか説明していきたいと思います。

ハッキング等の妨害を受けにくい

The DAOは世界に分散してプログラムを処理しているので犯罪組織からのハッキングや妨害を受けにくいです。

人件費などのコスト削減

The DAOは自動でサービスを動かしているのでメンテナンスの必要がなく少しの管理や改善作業で済みます。

The DAOのデメリット

The DAOにはメリットばかりではなくデメリットも多くあります。

各国で法律が違う

日本ではビットコインが法律で合法化になりましたが、各国では法律も様々です。
The DAOで開発したアプリが外国では法律的にダメだったり、逆のパターンもあります。

悪質なプログラムか蔓延する

The DAOのプログラムは自動で動くので、悪意のあるプログラムがリリースされても誰に
も制限されずに止めることもできません。
また、開発者が管理を放棄した場合アプリが誰にも止められずに動き続けるのでリスクは大きいです。

The DAOの衝撃

非中央集権の投資ファンドだったThe DAOは革新的な発明として世界に驚きを与えました

中央集権で動く組織を自動で民主主義的な要素を含みながら動かせる仕組みは今までになかったのでかなりの可能性を秘めた衝撃のシステムでした。

The DAOは失敗した

The DAOは最終的には失敗しました。
理由としては、プログラムの弱点を突かれて攻撃されたのです。
The DAOはすぐに話題となりすぐに多くの資金を調達しました。100億円以上の資金を短期間で調達しましたが、攻撃を受け資金はすぐになくなってしまいました。

The DAOの失敗から通貨の危険を理解する

The DAOの失敗から仮想通貨の危険性を考えてみると、通貨自体が仮想で取引されて動いているので突然資金を失ってしまう可能性もあります。
特に仮想通貨については怪しいネット情報も飛び交っているのでしっかりと正しい情報を得ることが大切です。

今後のさらなる進化

The DAOは失敗しましたが、このようなシステムが今後さらに進化して登場することを予感させてくれました。
ビットコインの市場はこれから大きく進化していくでしょう。
どう変化していくかは予測できませんが、ビットコインのような分散型のシステムが広がっていくのは確かでしょう。
インターネット上での仮想通貨の取引はトラブルやわからないことが多いです。
自身でしっかりと対処できるようにしていくことが大切です。