Omniとは何か?

Omniとは何か?

仮想通貨が今とても話題です。
しかし、仮想通貨の種類や数まですべて把握している人はいないのではないでしょうか?
現在、仮想通貨の数は数百にも及んでおり、新しい通貨が日に日に増えている状態です。しかも、今まで昔から存在していた通貨も、技術的にアッ
プグレードなどして一躍注目通貨になるなどということも日常茶飯事です。そこで今回は、老舗通貨とも言うべきOmniについて調べてみました。この通貨は、歴史ある通貨として有名なのですが、2017年に高騰した、非常に面白い通貨です。

Omniって何?

OmniはBitcoinに変わる通貨群「アルトコイン」の中でも古い仮想通貨で、2013年に作られています。最初はMastercoinという名前でしたが、2015年にOmniに解明されました。
仮想通貨のベースであるブロックチェーンなどは、Bitcoinと同じ仕組みを使っているため技術者が参入しやすく、通貨以外の情報を記録することができるため、安全で迅速な送金を実現している仮想通貨です。
最も歴史が古いビットコイン2.0プラットフォームの1つでユーザー独自通貨発行機能を持っています。

Omniは何が注目なの?

Omniの最大の特徴はクラウドファンディングが出来ることです。
事業主が資金を調達したい場合、Omniを使って資金を調達できます。この仕組みを使って6億円もの資金を調達したのが「MaidSafeCoin」です。
この仮想通貨のクラウドファンディングは、仮想通貨の特徴をフルに活かしています。仮想通貨は、ブロックチェーンによって全ての取引が記録されている、つまり、もし仮に事業を起すとして資金を調達し、そのあと、その資金でパチンコに行く・・・現実には十分に起こり得ることですが、仮想通貨ではどの様に手に入れたお金であるかの記録があるために、その資金が何のために使われる予定であった資金なのかがすぐにわかってしまいます。出資金詐欺や貸し倒れなどと言われる、出資リスクを抑えることができるのが、仮想通貨のクラウドファンディング、ひいてはOmniに期待が集まる最大の理由なのです。

どうしてOmniは高騰したの?

2016年5月、仮想通貨は全体的に大暴落しました。ピーク時はBitcoinで34万円だったものが下限で22万円という大暴落です。実はこの時、Omniはほとんど下がらなかった数少ない仮想通貨でした。これは、Omniが、この大暴落の少し前に、大きな企業とパートナーシップ契約を結んだと報道があり、信用がスリップしなかったのが原因です。
この大暴落の時に信用をスリップしなかったOmniは、その後、一時300%を超える大高騰をします。
これは、Omniの持つクラウドファンディングの力が再評価され始めているためと言われています。
Omniの普及が、企業の新開発やメガベンチャーの発生を後押しする、そんな夢のある未来を、多くの投資家が応援しています。

Omniはどこで買える?

夢のあるOmniですが、残念ながら日本の取引所では直接買えません。
そのため、以下の手順を使って買っていきます。
① 日本の取引所でBitcoinを買う
② Omniが買える、海外の取引所へBitcoinを送る
③ Omniを買う
直接取引できない場合は、海外の取引所を使っていくしかないのが現状です。これが少々手間のかかるところですね。また、取引所と取引所を行き来させるお金のやり取りを「送金」と呼びます。この「送金」には取引所によって手数料がかかります。ここは必ず確認してください。海外の取引所は、多くの場合英語で書かれているため、より注意が必要だともいえますね。

2016年に注目されたOmni

2016年に注目されたOmniを見てきました。
現在、大きな取引のある仮想通貨として、Bitcoinの他にリップル、イーサリアムなどがありますが、そのほかのコインにもそのコイン独自の技術や特徴、長所があります。
少しずつ知識を手に入れていって、より自分が面白いと思えるコインに出会えたらとても素晴らしいことだと思います。
未来を拓く新しい技術、仮想通貨。いっしょに勉強していきましょう。

年間100回美術館に行ける生活を目指して日々何かしている、のんびり屋ライター。
金融・投資・ビジネス・芸術・カウンセリングなどを手掛けている。
仮想通貨については2017年から本格的に勉強を始める。
小さな資金で実際の取引も経験中。「何でもとりあえずやってみる」の意識が強い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

linea