スマートコントラクトは何が「賢い」のか?

スマートコントラクトは何が「賢い」のか?

普通の契約ではなく賢い契約へ。人間は科学の進歩によってどんどん賢くなっていくらしい。
仮想通貨の世界では、今までとは違った契約形態について議論が進んでいます。その契約形態をスマートコントラクト、「賢い契約」と呼んでいます。

普通の契約とスマートコントラクト

普通の契約とスマートコントラクト、今までの契約形態と仮想通貨で想定されている契約形態とは何がどう違うのでしょうか?
まずは普通の契約に必要なものを考えてみましょう。

普通の契約に必要な物

・署名
・日付
・保証人 など
こういうものが入っている書類であれば、基本的には契約はあったとされますね。覚書とか念書と呼ばれるものも基本的には契約書であり、それにしたがってみんな活動しますからね。署名や日付は改ざんや悪用を防ぐ目的、保証人は契約が履行されない時の担保、といった具合でしょうか。

スマートコントラクトに必要な物

・内容 のみ
スマートコントラクトは基本的に、仮想通貨上の取引の約束をそのままブロックチェーンに保存してしまおうというものです。単に契約内容だけが書いてあれば十分なのです。そして、この書いてある通りにお金のやり取りが発生する。これがスマートコントラクトです。

スマートコントラクトは何故内容だけで良いのか?

スマートコントラクトはブロックチェーンの仕組みに情報を組み込んでいくので、基本的に改ざんや悪用が不可能です。
もし、契約が結ばれた後に何かしらの変更があった際は、この変更やアクセス記録がブロックチェーンに刻まれるため、契約者同士に何があったかわかってしまうためです。
また、契約の履行については、その条件さえ整えば、後は仮想通貨上のコンピュータが自動的に取引を行ってくれます。
これは、電子内で発生するやり取りだから可能になる発想です。
・「改ざんや悪用を防ぐ工夫(署名や日付)」+「しっかりと契約が履行される(信頼や保証人)」=「普通の契約」
・「改ざんや悪用が不可能」+「コンピュータが自動的に取引を行ってくれる」=「スマートコントラクト」

スマートコントラクトが拓く未来

スマートコントラクトは、何も仮想通貨の世界だけで完結する話ではありません。
株式取引やFXなど多くの金銭的取引が電子データ上で行われています。この電子データ上で行われている取引全てがスマートコントラクトの対象と成りえるのです。
株式投資では「指値」や「逆指値」と呼ばれる、指定した価格よりも高ければ売る、或いは指定した価格よりも低ければ買うといった注文方法がありますが、これがすべての取引に適用されうると考えてください。
金融業界では、その契約の改ざんや悪用という手段に対して、制度や法律を軸にして中央機関的存在や第三者的存在を生み出し、そこで契約を管理するという様なことが日々行われています。
例えば、証券の売買の時に営業マンが「絶対に儲かります」と言ってはいけないことや、それ相応の資格を持っていない人が金融商品を強くお勧めしたり売買に深くかかわることを禁止していることなどがすぐに上がってきますね。
金融は契約が確実に処理されることが何よりも強く求められるため、契約というものに敏感なのです。
この中央機関的存在や第三者的存在をスマートコントラクトで行っていくという未来が広がるとどうなるでしょうか?
これは金融取引の一種の革命的出来事になります。
金融機関を介さないデジタル上の取引や、仲介者や統制者の必要ない新しい保険の形や通貨の形ができあがっていく可能性が出てきます。
そして、詐欺の起こりにくい出資方法やクラウドファンディングの確立も可能になっていくでしょう。
仮想通貨だけでなく現実のお金のやり取りすら変化していく。それがスマートコントラクトです。

年間100回美術館に行ける生活を目指して日々何かしている、のんびり屋ライター。
金融・投資・ビジネス・芸術・カウンセリングなどを手掛けている。
仮想通貨については2017年から本格的に勉強を始める。
小さな資金で実際の取引も経験中。「何でもとりあえずやってみる」の意識が強い。