仮想通貨を持っていると税金はどうなるのか?

仮想通貨を持っていると税金はどうなるのか?

投資案件としてだけでなく、最近ではBitcoinで貯金をするなどというシステムも出てきました仮想通貨。他にも仮想通貨を使って現実のお店で買ったり食べたりするという仕組みも整いつつあります。とすると気になってくるのが税金ですね。仮想通貨は、現在使われている硬貨や紙幣などと比べると、数字上のやり取りでしかなく、どこで税金がかかるのかピンとこない人も多いのではないでしょうか?

仮想通貨を持っているだけでは税金はかからない?

まず、大前提として、仮想通貨は新しい仕組みなので、法制度が整っていません。最寄りの税務署に聞きに行っても、回答が統一していないこともしばしばなのです。さて、それでも統一している見解が1つあって、それは「仮想通貨を持っているだけでは税金はかかりません」ということです。
現実のお金を仮想通貨に変えたところで、その状態では別に所得が増えたわけでも何でもないですからね。だから、仮想通貨の取引所を使って、現実の通貨を仮想通貨にするということについて、税金はかかりません。

それじゃ、いつ仮想通貨に税金がかかるの?

持っているだけではお金がかからないことはわかりましたね。それでは、いつ税金が発生するのでしょうか?すごく大雑把に行ってしまうと、儲かった・お金が増えた時です。
税務上、お金が増えるということを「所得が増える」と表現します。この所得が増える状態になった場合、税金が増えます。
そのため、仮想通貨の取引をしている時に税金がかかるのは大きく分けて2つ。「仮想通貨を現実の通貨に切り替えた時」と「仮想通貨同士のやりとりで通貨が増えた時」になります。

税金が発生する瞬間① 「仮想通貨を現実の通貨に切り替えた時」

「仮想通貨を現実の通貨に切り替えた時」これは何を言っているのかよくわかりませんね。この言い回しは、株式の取引によく使われる言葉です。「利益確定」或いは「利確」といいう言葉はご存知ですか?SNSなどでよく「この通貨が上がっている!私の貯金が倍になった!」とか「この通貨が暴落してしまってオレのボーナスがパァだぁ!」なんていう呟き、仮想通貨だけじゃなくて株式投資などでもよく見ますよね。しかし、株式投資などでもそうなんですが、この「貯金が倍になった!」瞬間に税金が発生するのか?というと違いますね。なぜなら、これは「評価益」と呼ばれる、数字上のお金でしかないからです。
この評価益に準じて売買を行い、「貯金が倍になった!」を本当のお金に替えること、これを「利確」といいます。この瞬間に、所得が増えたとみなされ、この上がった分が課税対象となるのです。この利確が仮想通貨では「現実の通貨に切り替えた時」になるというわけですね。

税金が発生する瞬間② 「仮想通貨同士のやり取りで通貨が増えた時」

仮想通貨の売買を行っていると、どうしても仮想通貨を仮想通貨で買うことがあります。特に日本の取引所で取引されていない新しい通貨などを買っている場合、いちどBitcoinなどの大きな仮想通貨を日本の取引所で購入し、このBitcoinを使って、例えばアメリカの取引所で日本では取引されていない小さな仮想通貨を買う。取引に慣れてきた人たちはこういうことをして増やしているんですね。この大きい仮想通貨から小さい仮想通貨を買う時に、その時のお互いの値段によって、全体的な金額が増えている場合がありますね。この瞬間に所得が増えたとみなされます。これは完全にFXと同じ現象が起きています。FXでも、円をドルに変えたりポンドに変えたりしながら、そしてそれを円に戻したりする、この差額でお金を発生させていきます。こうして所得が増えると税金がかかるというわけです。

ということは・・・儲からなかったら仮想通貨に税金はかからない?

そのとおりです。当然ですね。結局のところ、仮想通貨を使った場合の税金というのは所得税と住民税であり、どちらも所得にかかってくる税金です。別段、仮想通貨を使ったからみたいな取引税のようなものは一切ありません。手数料は税金じゃないですしね。

あれ?給料を仮想通貨で出すところがあるって聞いたけども?

詳しいですね。最近では仮想通貨で給料を出す、という会社出てきています。これも給料という形なので給与所得に対する税金がかかりますね。他にも、「仮想通貨で何か物を買う時」に、支払い時の仮想通貨の評価額が仮想通貨入手時の時価を上回っている場合に、その部分が含み益となるため税金が発生します。このあたりは非常に煩雑になってきますね。
ですので、基本的には、「仮想通貨を使ってお金を儲けた時(=所得が増えた)」に税金が発生すると覚えてください。

仮想通貨を持っていると税金はどうなるのか?まとめ

仮想通貨はこの世にあらわれてから、まだまだ日が浅く、法整備が整っておりません。今回紹介したものは、基本的には「所得税と住民税」で所得に関わるものです。他にもいろいろな税金が絡んでくるようなことも聞こえてくるのですが、おそらく経済活動を無駄に妨げる税金はかかってこないのではないかと言われています。増えたら払う税金ですが、払う税金が気にならない程度にお金を増やしていきたいものですね。

年間100回美術館に行ける生活を目指して日々何かしている、のんびり屋ライター。
金融・投資・ビジネス・芸術・カウンセリングなどを手掛けている。
仮想通貨については2017年から本格的に勉強を始める。
小さな資金で実際の取引も経験中。「何でもとりあえずやってみる」の意識が強い。