シンガポール財団が発行しているヴィチェーンとは?

ヴィチェーンとは


ヴィチェーンとはシンガポール財団が発行している仮想通貨となっており、ブロックチェーンを使用した商品の真偽を見分ける機能を備えている仮想通貨です。

少し変わった性能を持っている仮想通貨ですが、すでに中国の一部の地域で実験的な利用が開始されており、実用化に向けて進んでいる仮想通貨の一つと言えるでしょう。

仮想通貨の最大の課題は実用できないということなので、その課題解決に向けて最先端を走っている仮想通貨でもあります。

ヴィチェーンの特徴としては、スマートコントラクトが搭載されているということです。イーサリアムやリスクと同じようにブロックチェーンにスマートコントラクトが実装されており、ヴィチェーンのブロックチェーンを利用することでICOを行うこともできます。

そして、ヴィチェーン最大の特徴はNFCチップとの連携によって商品管理を行うことができるという点です。

NFCチップを商品に埋め込んで、その商品は「いつ作られたのか」や「誰が作ったのか」などの情報をヴィチェーンのブロックチェーンに記録することが可能となり、改ざんなども不可能となります。

この技術を活かして商品管理での分野での活躍が期待されており、具体策なども用意されています。「品質管理」「真贋判定」「物流管理」を管理することが目的となっています。

「品質管理」がヴィチェーンの技術を最大限生かせる分野です。商品にNFCチップを埋め込むことでその商品がいつどこで誰が作ったのかという情報を記録することができます。その情報は消費者にも届けられるため、安心してその商品を利用できます。

消費者に届けるまでの管理なども商品ごとに分かるシステムとなっているので、個別に分かることで細かな商品管理なども行うことができます。

また、NFCチップを利用することで「真贋判定」を下すことができます。これによって商品が本物なのかどうか、見分ける手がかりとなります。製造者が認可した商品にのみNFCチップを埋め込むようにすれば、市場に出回る偽物の商品は消費者自身で本物なのかどうかを判断することができます。

ヴィチェーンの技術によって、贋作かどうか判断できるようになれば、これからの商品発展に向けてかなり有力な仮想通貨となるでしょう。

最後に「物流管理」に関してNFCチップは活躍します。NFCチップを一つ一つの製品に埋め込むことができれば、一つ一つの商品を管理することが可能となります。

これによって、どの商品をどこに送れば良いのかという点でその商品がどこにリアルタイムであるのか分かるため、物流業界のコスト問題を大きく貢献することになります。

ヴィチェーンの活用方法は一つではないため、多くの活用ができる仮想通貨として利用の幅が広くなっていきます。多岐に渡って活用できる仮想通貨ということでこれからも仮想通貨業界の実用化の問題を引っ張っていく仮想通貨となるでしょう。

現在、日本の仮想通貨取引所では取り扱いがないため、海外の仮想通貨取引所を利用しなければいけません。

もし、今後のヴィチェーンに期待できるという人は今のうちの海外の仮想通貨取引所を利用して、購入しておくことをオススメします。

ヴィチェーンは実用的な仮想通貨


仮想通貨の中でも特殊な役割を担っており、「商品管理」や「物流」というジャンルは我々の生活とは切っても切れない縁があります。そのため「商品管理」や「物流」が発展していけば私たちの生活の質が上がってくることでしょう。

仮想通貨が発展していく上で重要な実用化という側面に関しては取り組んでいる仮想通貨もそこまで多くはありません。こういった実用化に向けて早い段階で取り組んでいる仮想通貨に引っ張られて仮想通貨業界は成長していくでしょう。

今後のヴィチェーンの動向にも注目が集まることでしょう。

なかおりん
仮想通貨専門で執筆しており、仮想通貨に関しては多くのメディアに関わってきました。そのため、用語解説や通貨の説明なども執筆経験があり、知識に関してもかなり熟知しています。
実際に仮想通貨の取引を毎日している事から皆様に新鮮な情報を届けることが出来ます。