パックコインのベースをPeercoinからDASHへと変更?

パックコインとは


パックコインは2014年に誕生した仮想通貨となっています。仮想通貨の中でも比較的歴史のある仮想通貨となっています。しかし、2017年まで一切動きがありませんでした。開発が進められたわけでもなければ、チャートなどが動くような活動をしたわけでもありません。

そのため、今まで仮想通貨業界でも話題に上がることもない存在となっており、正真正銘の草コインでした。誰の目にも触れずに存在し続けてきた仮想通貨ですが、2017年から大きく動き出しました。

2017年の8月にパックコインのベースをPeercoinからDASHへと変更して、コミュニティ密着型プロジェクトへと変更しました。

あくまでプロジェクトの中心はコミュニティ体系として、人と人のつながりを創造する存在となりました。

PACcoinという名称から$PACという名称にも変更されましたが、その際にもコミュニティの公募から採用されたことによって、ユーザー同士のつながりを大切にしていることが分かります。

このコミュニティの成長と進展へ貢献したコミュニティメンバーに対してインセンティブを支払うシステムを整っています。

コミュニティ主体というスタンスを貫いており、PACを利用した新しいプロジェクトが実行する前に、コミュニティの中で投票が行われてプロジェクトに対してコンサルも行うという流れにしています。

ホワイトペーパーにはパックコインが目指す目標の基本となる「4C」という理念が挙げられています。4Cとは、「Choice」「Content」「Community」「Charity」の4つとなります。

Choiceは支払手段の一つとして選択肢に挙げられるような存在となり、現在の金融に関する法律の解決手段になることを目標に掲げています。

ContentはPACの利用手段として、仮想通貨を利用したPAClyfe.netというオンラインマーケットを構築します。

次に、Communityですが、コミュニティをユーザーたちが協力して問題解決する仕組みへと進展させていきます。コミュニティベースの仮想通貨となるので、ユーザーの参入も増えていくことでしょう。

最後にCharityですが、こちらはクラウドファンディングプラットフォームを作成して、慈善活動を行っていきます。

パックコインはこれからの活動が何よりも大事になってくる仮想通貨と言えるでしょう。そのパックコインですが、投資対象としても優秀な成績を出しています。

草コインであるため、少しでも注目が集まればあっという間に価格は跳ね上がります。草コイン特有の動きになりますが、1日で200倍の跳ね上がりを見せているため、今後もパックコインの値動きには注目が集まっていきます。

その際にはSNSでもパックコインがすごいという話題で持ちきりとなり、パックコインを購入する人も多かったです。

パックコインはまだまだ価格が低いですが、伸び代に関しては期待できるので、今のうちに購入しておいて、価格が上昇するタイミングをのんびり待ってみるというのがオススメです。

もし、パックコインを購入するのであれば、クリプトピアがオススメです。クリプトピアはニュージーランドの仮想通貨取引所で、パックコインの取引高が最も仮想通貨取引所です。

取引高が多い方が取引に関しては楽に行えるので、クリプトピアを利用するようにしましょう。

パックコインは今のうちに!


パックコインは仮想通貨として現れてからは長いものの、そこまで有名にもならずに表面にも出てこなかった仮想通貨です。

しかし、2017年から動き始めて今後注目を集めていく存在になることは間違いないでしょう。開発なども本格的に始まったため、今後は仮想通貨業界のニュースに名前を連ねることも多くなりそうです。

日本国内ではまだ取り扱いはありませんが、今後日本国内に進出してくることも十分にありえます。パックコインの今後の動向にも注目が集まりそうです。

なかおりん
仮想通貨専門で執筆しており、仮想通貨に関しては多くのメディアに関わってきました。そのため、用語解説や通貨の説明なども執筆経験があり、知識に関してもかなり熟知しています。
実際に仮想通貨の取引を毎日している事から皆様に新鮮な情報を届けることが出来ます。