ライトコインとビットコインの関係性とは

ライトコインとは


仮想通貨業界の中でも「ライトコイン」という名前を聞くことは多いかと思います。しかし、ライトコインがどのようなコインであるのかを知っている人はそこまでいません。

仮想通貨業界で話題として挙げられるビットコインやイーサリアムのような仮想通貨と比較するとそこまで話題に上がることは少ないですが、それでも時価総額は5位となっているアルトコインとなっています。それほど、価値のある仮想通貨となっていることは間違いありません。

ライトコインは2011年に開発が行われた老舗のコインとなっています。性能としてはビットコインの性能に似せて作成されており、比較的実用性の高い仮想通貨となっています。

ビットコインとライトコインを比較すると、送金手数料が高くなったり、ブロック生成速が遅かったりするビットコインの問題を解決する役割を担っているのがライトコインです。

ライトコインは送金手数料が約30円となっており、ブロック生成速度もビットコインの4倍です。送金速度もビットコインと比較すると4倍早いことになります。

ビットコインに似ていると言えば、ビットコインからハードフォークしたビットコインキャッシュが同様の能力を持っています。ライトコインと比較されることも多いですが、それぞれ違いもあります。

まず、ビットコインキャッシュは送金手数料が1円未満と格安になっていますが、送金速度は20分以上かかります。一方でライトコインは送金手数料が30円ほどであることに対して。送金速度は2分程度となります。

それぞれ良いところと悪いところを兼ね備えている仮想通貨となっているため、それぞれのニーズを活かして利用する仮想通貨を決めるとよいでしょう。

ライトコインの特徴として挙げられるのはコミュニティの強固さが強みと言えるでしょう。ライトコインは日本ではそこまでの人気がない仮想通貨になっていますが、海外では比較的ファンが多い仮想通貨となっています。

そんなファンが所属しているコミュニティが海外には多く存在しています。

ライトコインは2018年にライトペイという仮想通貨を活用したデビットカードをサービスとして開始しています。

クレジットカードなどのカード決済は手数料が3%程度かかっており、お店が負担することがほとんどでした。しかし、このライトペイを利用すれば決済手数料を1%で抑えることができます。小売業などにとってはとても嬉しいサービスとなっています。

同時にライトパルというペイパルの仮想通貨バージョンを構築中ということになっており、送金や支払をモバイル端末で行うことが可能となっています。

また、ライトコインの決済業務に関して、クレジットカード処理プロバイダである「Aliant Payment Systems」がクライアント向けに提供している支払業務にライトコインを導入することを公表しています。

ライトコインは2019年に半減期を迎える仮想通貨として知られています。半減期を迎える仮想通貨は値段が上昇するということで知られています。2019年になるとライトコインの話題が表面化されて注目を集めることになります。

価格が上昇するということで今のうちに購入しておくことも良い投資方法と言えるでしょう。国内の仮想通貨取引所でも購入することができます。

ライトコインは2019年に期待


ライトコインは日本国内ではそこまで目立つこともなくなっており、名前は聞いたことがあるがそこまで詳しく知らないという人が多いのが現状です。

しかし、海外ではライトコインが有名になっており、ファンも多くなっています。2019年には半減期を迎えるため、かなり有名になっていき、盛り上がることになるでしょう。2019年はライトコインにとって、大きな分岐点となることは間違いありません。

事前に購入しておくと大きく利益を得られるチャンスでもあるため、2018年のうちに購入しておくとよいでしょう。

なかおりん
仮想通貨専門で執筆しており、仮想通貨に関しては多くのメディアに関わってきました。そのため、用語解説や通貨の説明なども執筆経験があり、知識に関してもかなり熟知しています。
実際に仮想通貨の取引を毎日している事から皆様に新鮮な情報を届けることが出来ます。