仮想通貨NinjaCoinに注目が集まっている?

仮想通貨NinjaCoin(ニンジャコイン)について


旅行する人が抱えているのは「時間の管理」「言語の壁」「旅行の費用」です。

NinjaCoin(ニンジャコイン)は観光者の悩みを解決するためにつくられた仮想通貨です。

株式会社セールスページや手ぶら観光協会が開発に取り組んでいます。荷物預かりサービス「Tebura」の決済通貨として利用される計画です。

2020年の東京オリンピックでは、国外からたくさんの外国の方が来日されます。その際に注目を集める通貨といえるでしょう。

この観光プロジェクトは、投資家から約1,500万円の資金が寄せられています。投資家の方から期待されている通貨なのです。ICOは行われていますが、まだ仮想通貨取引所では、取り扱われていません。

通貨が欲しい場合はICOでトークンを購入しましょう。

なぜ、ニンジャコインは注目を集めているのか?

インターネットの普及や格安で飛行機を利用することができるローコストキャリアの充実によって、旅行する人の数は増えました。それらの理由から、宿泊施設の不足や多言語対応の整備の遅延、荷物を安全に預けられる場所などの問題が出てきています。

コインロッカーが空いていない場合や中に入らないものは、手に持ったまま移動しなければいけなくて不憫です。そのような問題を解決するために「Tebura」の手荷物預かりサービスが現在開発されています。

荷物を預かるサービス、翻訳サービス、あらゆる旅行者の決済手段に利用できるコインが展開される予定です。

ニンジャコインの展開について


観光客に便利な機能が充実している内容ですが、ここでは詳細を紹介します。

手荷物預かりサービス「Tebura」

近くの喫茶店やオフィス、観光施設で荷物を預かるサービスです。

旅行者が増えたことにより発生した問題として「荷物が預けられる場所が少ない」ということがあげられていました。

それらの問題を解決するために、さまざまな場所で荷物を預けることを可能にして、また宿泊するホテルまで荷物を届けることができるサービス内容となっています。

これにより旅行者は荷物を持つことなく、観光を楽しめるようになります。実際に東京駅ではサービスが開始されています。

P2P翻訳サービス

観光で訪れたレストランのメニュー表や観光施設の案内所の文字を、その場で翻訳してもらえるマッチングプラットフォームを展開します。

旅行先では、それぞれ言語が異なるため、現地語にしか対応されていないものも多くあります。

Teburaで提供されるプラットフォームを活用することで、現地の言葉を翻訳することが可能な人材に翻訳依頼してもらえます。

翻訳の腕前をもった人材は多くいるのに、それを必要とする観光者とマッチングさせるのは難しいのです。

このプラットフォームは、それを解決することができる画期的なサービスになります。また、ニンジャコインにより決済を行うので、支払いは低コストになりスピーディーに場所を選ばずにサービスが利用できるようになります。

P2Pトラベルガイドプランナー

翻訳家だけではなくて、旅行に関する案内人やプランナーともマッチングさせていきます。

はじめて訪問した場所は、現地を案内してくれる案内人やプランナーがいることで、旅行の質が格別に高まります。この旅行サービスが誕生することによって、旅行を楽しみたい人は最適な旅行プランを満喫できるようになります。

数多くの大手企業も提携している

大手旅行会社H.I.Sをはじめドン・キホーテ、DMM、docomoなどが提携先として参画しています。

インバウンド事業を狙い、WEB上でTeburaのサービスクーポンを配布して集客活動を行っています。

2020年には東京オリピックが開催されて、ますます来日者が増加します。それらの動向から、さまざまな企業が提携しています。注目を浴びているプラットフォームなのです。

なかおりん
仮想通貨専門で執筆しており、仮想通貨に関しては多くのメディアに関わってきました。そのため、用語解説や通貨の説明なども執筆経験があり、知識に関してもかなり熟知しています。
実際に仮想通貨の取引を毎日している事から皆様に新鮮な情報を届けることが出来ます。