海外メディアが報じたクアンタムの2つの顔とは

クアンタムとは

クアンタム

という仮想通貨は2種類存在しています。まずはこのことをしっかりと理解していないと情報を間違って理解してしまったり、間違って購入してしまうということもあるので注意しましょう。

QTUMという表記のクアンタムとQAUという表記のクアンタムがあるので表記には注意しましょう。今回紹介するのはQTUMという表記のクアンタムです。

クアンタムの最大の特徴は

メジャーな仮想通貨の良いところをハイブリッドした仮想通貨だということ

です。メジャーな仮想通貨というのは時価総額1位で最初の仮想通貨である「ビットコイン」と時価総額2位であるイーサリアムの2つです。

具体的にはビットコインの仮想マシン技術とイーサリアムのスマートコントラクトを併せ持っている機能性となっています。

イーサリアム全体のブロックチェーンをダウンロードせずにイーサリアム搭載のアプリケーションを利用することができます。容量が重くてブロックチェーン全体をダウンロードするのが大変だったという人も簡単に利用することができます。

クアンタムはこういった高い機能性を実現しており、この機能をビジネスシーンで利用するために開発されました。

ブロックチェーンなどの技術に精通していない企業やビジネスにも利用しやすい技術設計にしているため、普及が始まってもすぐに拡散されることでしょう。

すでにクアンタムは韓国の中でも大手の仮想通貨取引所である「コインワン」に上場しています。かなり大手の仮想通貨取引所であり、クアンタムの知名度も上がっていくことが予想されています。

イーサリアムとの互換性も強いため、イーサリアムの動きに乗じてクアンタムの価格が上昇するということもありえるでしょう。

イーサリアムを利用して動くアプリケーションに関してはクアン他無で動かすことが可能となっており、逆にクアンタムで動くアプリケーションはイーサリアムに置き換えても動かすことができます。

今後イーサリアムのスマートコントラクトの活用の場が増えていくと、データの容量が多くなってきます。容量に不安が有る際には、クアンタムを利用することでアプリケーションの移動も可能となります。

クアンタムはUTXOというモデルを利用しています。こちらのモデルはウォレットの残高表記や取引時に使われるシステムとなっています。

UTXOは他のモデルよりも取引記録が残るので、セキュリティ面では強いのが特徴となっています。

また、コンセンサスアルゴリズムにPoSを採用しており、消費電力なども抑えられるマイニング方法となっています。

クアンタムは時価総額も19位となっており、世界中からの人気があることは明らかになっています。しかし、日本国内の仮想通貨取引所での取り扱いはないので、海外の仮想通貨取引所での購入になります。

クアンタムの購入が可能な海外仮想通貨取引所の中でも最も有名な仮想通貨取引所はバイナンスです。バイナンスは中国の仮想通貨取引所であり、世界の中でも有名な仮想通貨取引所です。

上記でも紹介しましたが、同じ名前の仮想通貨もあるので購入する際には注意しましょう。

クアンタムはイーサリアムとともに成長する


クアンタムはイーサリアムを助長する仮想通貨でもあるため、これからイーサリアムが有名になってくると、クアンタムも有名になっていく可能性も十分あります。

分散型アプリケーションが2018年にかなり有名になってきて、その技術を利用する仮想通貨も増えてきました。分散型アプリケーションはさらに開発が進んでくることが予想されており、需要も高まってきています。

利便性を高めてくれる分散型アプリケーションの存在とともにクアンタムにも注目していくと利益が得られるかもしれません。

なかおりん
仮想通貨専門で執筆しており、仮想通貨に関しては多くのメディアに関わってきました。そのため、用語解説や通貨の説明なども執筆経験があり、知識に関してもかなり熟知しています。
実際に仮想通貨の取引を毎日している事から皆様に新鮮な情報を届けることが出来ます。