特徴的な仮想通貨のオミセゴーとは何か!?

オミセゴーとは


仮想通貨の中でもなにより名前が特徴的な仮想通貨であるオミセゴーですが、その名前からか注目されることも多くなっています。

その日本語のような名前の仮想通貨から日本人にとって、親近感が沸くような仮想通貨となっており、日本人の仮想通貨ユーザーを持っていることも多いです。

実はこのオミセゴーという仮想通貨は日本人起業家であり、東南アジアで事業を展開している長谷川潤さんが展開しているomiseという企業のサービスとして開発されました。

Omiseは東南アジアの中でもタイを本拠地としており、決済サービスなどの開発を行っているフィンテック企業となっています。オミセゴーをリリースする前から多くのサービスを展開しています。

Omiseはタイのデジタル計算社会省が主催しているDigital Thailand Big BanにてDigital startup of the yearの表彰をされています。

そのため、omiseという企業自体の知名度がとても高くなっており、そのomiseが発行する仮想通貨ということもあり、注目度は高い仮想通貨となっていました。

オミセゴーのメリットとしては、スマートフォンのみであらゆる決済が行うことができるという点です。銀行口座はもちろんですが、クレジットカードを持っていなくても決済することができるため、とても利便性の高いサービスとなっています。

東南アジアにはアンバンクドと呼ばれる銀行口座やクレジットカードを持っていない人も多いです。そういった人が多いため、オミセゴーを利用してスマートフォンのみで決済できるようになると、東南アジアはオミセゴーの利用者が増えていくでしょう。

それほど東南アジアの中ではオミセゴーの需要が高いです。

また、オミセゴーの運営には運営アドバイザーとして、イーサリアムを開発したヴィダリック・ブリテン氏が就任し、活躍しています。ブリテン氏もお店ゴーに対して期待を寄せており、これから先ブリテン氏の名前が出てくることも増えてくることでしょう。

さらに、オミセゴーはSDKというソフトウェアの開発に必要なプログラムや文書をまとめたものを発表しています。SDKが公開されていることによって、多くの技術者やサービス提供者がオミセゴーを開発できたり、商用利用できたりするため、利用される場所が増えることになります。

これによって、将来的にはゲーム内通貨として利用されたり、クレジットカードのように利用されたりする可能性もあるということです。

タイからの手厚い歓迎


オミセゴーはタイで開発が進められていると上記で述べましたが、そんなタイ国内からも手厚く歓迎されています。

まず、オミセはタイの政府機関であるETDAと国民IDの開発を進めていくことを発表しています。ブロックチェーンを活用することによって、国民のためのIDカードを発行して、車の購入や病院代などの支払いに利用することを可能するとしています。

また、タイのマクドナルドとも提携を結んでおり、すでにタイのマクドナルドでは仮想通貨Omiseによるオンライン決済システムを導入しています。

タイの中でも珍しい仮想通貨の決済システムとなっているため、タイ国内でも注目が集まっている技術です。

今後もオミセゴーはタイを中心に開発が進められていくため、タイから新しい決済システムが生まれていくなんていう将来も考えられます。

オミセゴーは実用化に近い仮想通貨

オミセゴーは上記でも説明したとおり、店頭での決済に利用されることが多い仮想通貨となります。

最も私たちが利用する機会のある店頭での支払いが仮想通貨になると、決済に関する利便性もとても高くなり、仮想通貨の大きな問題であった「実用化」という面では一歩大きく成長することになります。

そのため、オミセゴーに期待をする仮想通貨投資家も多いでしょう。実用化という問題を解決すれば仮想通貨市場は再び波に乗ります。オミセゴーの今後の動きには注目が必要となります。

なかおりん
仮想通貨専門で執筆しており、仮想通貨に関しては多くのメディアに関わってきました。そのため、用語解説や通貨の説明なども執筆経験があり、知識に関してもかなり熟知しています。
実際に仮想通貨の取引を毎日している事から皆様に新鮮な情報を届けることが出来ます。