アメリカの仮想通貨投資会社のCEOがホワイトペッパーに苦言


アメリカの仮想通貨投資会社のCEOが仮想通貨に対するマイナス意見をコインテレグラフに対して発言しました。

その内容は、ICOは存続していくがホワイトペーパーや夢の日々は過ぎ去ったと考えると発言しています。

アメリカの仮想通貨投資会社のBKCM LLCのブライアン・ケリーCEOはイニシャル・コイン・オファリング(ICO)は詐欺などの悪質なものは規制されなくなっていくと考えるが、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)は徐々に規制され変化を続けているので存在していくと考えます。

ICOが資金調達手段として、株の偽者なのではないのか?という指摘が相次いでいますがブライアン・ケリー氏は別の視点から考えを示しています。

ブライアン・ケリー氏はICOとしては既に終わっており、別の形で行き続けていくと考えその背景にブロックチェーンなどがあげられます。

ブロックチェーンは、企業戦略とも上手くマッチングしているので、その高いセキュリティは今後も進化し使われると考えられます。

他にもスイス証券取引所の証券サービス部門CEOのトーマス・ゼエブ氏も仮想通貨市場は衰退していく事は考えら得ますがイニシャル・コイン・オファリング(ICO)は今後も成長を続けると考えています。

大多数の人に受け入れられるには最低でも5年はかかると言われています。

ICOレーティングのICO市場レポートが興味深い内容を発表し、今年第2四半期のICO市場では、827個のプロジェクトが80億ドル調達しているので大きな資産が動くと予想されています。

なかおりん
仮想通貨専門で執筆しており、仮想通貨に関しては多くのメディアに関わってきました。そのため、用語解説や通貨の説明なども執筆経験があり、知識に関してもかなり熟知しています。
実際に仮想通貨の取引を毎日している事から皆様に新鮮な情報を届けることが出来ます。
linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする