日本どうする? 世界では仮想通貨が急速に使われていく可能性も!


最近、仮想通貨のレートがパッとしてくれないので、仮想通貨関連の話題がいまいち盛り上がらないムードが漂っています。ですが、世界では仮想通貨に関する新しい動きがどんどん目立ってきています。

日本でも三菱UFJファイナンシャルグループが、AkamaiTechnologiesとともに新しいブロックチェーンを開発したというニュースがありました。

つまり、仮想通貨のレートと技術が浸透していくペースには、ずれが生じているのかもしれません。

また、仮想通貨を決済手段として使いたいと思っている一般人にとってみれば、仮想通貨のレートが安定しているというのは、使いやすい状態ではあるでしょう。

さて、世界の仮想通貨やブロックチェーンの受け入れ体制などに注目してみましょう。

世界の仮想通貨関連に対応する動き

国によって、政治的な絡みもかくかくしかじか……、すんなりとは進んでいかないかもしれません。が、徐々に世界的には仮想通貨を受け入れ、利用していく動きが見られるような気がします。

ここでご紹介するのは大手のみの動きですが、各国で大きな動き、小さな動きと色々起きています。

米国ゴールドマンサックス

ゴールドマンサックスを知らないトレーダーというのはいないと思いますが、このゴールドマンサックスではビットコインなどのトレーディング業務を始めるらしいです。この業務に充てる資金は自己資金のようです。まずはビットコイン先物取り扱いからスタートするようです。

規制などの問題がクリアできれば、仮想通貨の現物の売買のスタートも視野に入れてるようです。これが叶ったら、仮想通貨市場は大きく変化するのではないでしょうか。

米国JPモルガン・チェース

仮想通貨関連の分野に強い若手を仮想通貨関連の新しいポジションに就かせた、との報道がありました。

米国ナスダック

ナスダックの最高経営責任者のアデナ・フリードマン氏が自ら「仮想通貨の取引所の開設する可能性もある」と話したとのことです。既に、ナスダックではアメリカの仮想通貨交換業者の「ジェミニ」との提携を発表しました。

ナスダックが動き出せば、仮想通貨市場がもっと本格的で、信頼できる市場にになるのは必然、という気がしますがいかがでしょうか?

日本のMUFGが共同で新しいブロックチェーンを開発

三菱UFJファイナンシャル・グループがAkamaiTechnologiesと共同で、ブロックチェーンの開発をしたとのことです。

MUFGはブロックチェーンが持つ分散型の機能、透明性、高速ネットワークに注目し、その技術を持つAkamaiTechnologiesとともに、実際のビジネスシーンで役に立つブロックチェーンの開発に成功したようです。

このブロックチェーンによって、高速でのトランザクションを大量にすることができるようになるそうですから、銀行業界も変化していきそうですね。

私たち、一般的なユーザーとしてみれば、速度には現状でもそんなに不満はないのですが、手数料的なものには少々不満を持っている人も多いのではないでしょうか。ブロックチェーン技術の導入により、そこが変われば一般ユーザーには大きなメリットになるでしょう。

なぜ大手が仮想通貨に注目し拡大しようとしているのか?

仮想通貨に関してはバフェット氏をはじめ、悲観的な考え方を持っている著名人が多いことも確かです。それを聞くと、不安に思ってしまう人も少なくないでしょう。

しかし、今や大手は仮想通貨とかブロックチェーンなどに注目しているようです。その理由は大きく2つあります。

実際に仮想通貨の需要が多い

仮想通貨の価格が暴落しようが、ハッキングされようが、ICOが詐欺ばかりと言われようが、仮想通貨やブロックチェーンの人気が根強く、どんどん使う人が増えているからでしょう。

SNSを見ていると、あのイーサリアムの若き共同開発者のヴィタリック氏が「仮想通貨はいついかなる時も、その価値がゼロに近くなる可能性があるから、資産として保有するには向かない。老後の資金にしたいのならば、今までの伝統的な方法で貯蓄しよう」ということを言っていました。

その本人に対して「ヴィタリック君、君は大丈夫か?」「伝統的な資産が安全だなんてどうしていえるの?」「私にとってはイーサリアムを資産として考えないなんていうことそのものが考えられない」とか「株とかが安全だっていうのかい?それはないだろ?」というような返信をしている人も多かったです。

その他、Redditなどを読んでみても、仮想通貨が好きな人は本当に好きで、そして、どんどん使い始めています。使える方法を自分たちで産み出している感じです。

つまり、仮想通貨を資産として考えている人が思っているよりも多い、ということのようです。

日本でも、仮想通貨を短期トレードではなく、長期目線で投資をしている人をぽつぽつ見かけます。筆者もイーサリアムをちょこちょこ買い増しています。

また、個人レベルで決済手段として使ってみている個人商店なども増えてきているようです。つまり、仮想通貨には需要があるということです。

規制は安全に導入するための足固めかも!

仮想通貨に関することは不透明な部分がとても多いので、その不透明さを悪用したりする人も一定数はいるわけです。残念ながら、詐欺とか不正行為というのは世の常でしょう。

それにより、トラブルに見舞われる一般人が多いことも間違いないので、やはり規制が必要になるのは仕方がありません。

実際問題として、仮想通貨が危険なものだというイメージばかりが一般人の潜在意識に残ってしまうと、結局なかなか安定して使われるようにはならないのではないでしょうか。

しかし、規制され、不透明さが消えていくとリスクが少なくなりますので、まず企業が参入しやすくなるでしょう。それが、今の状況ではないでしょうか。

私たちが暮らす日本国内でも、今現在は仮想通貨に関する規制ばかりが目立り、しまいには仮想通貨がなかなか値上がりしそう見えないというダブルパンチを食らっている感じです。

しかし、今は仮想通貨市場は「過渡期」、いえ、「成熟期」に入ってきているのではないかと感じますが、いかがでしょうか?

沼佐睦美
沼佐睦美はフリーライターです。短大卒業後、数年社会人を経験し、米国の4年制大学に編入、卒業。
専攻は経済。株、為替、仮想通貨のトレードが趣味で、トレード歴は10年を超えます。
ドル円とユーロドルとイーサのトレードを得意としています。
linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする