Twitterのアカウントさえ分かればチップを送れる「CoinTip」って知ってる?

Twitterの友に、ほんの少しのお礼がきでる気の利いた方法があったらいいのに……、なんて思う時がありませんか?CoinTipはまさにそういう時に役に立つビットコイン送金サービスなんです。

Twitterのアカウントを知ってれば送ることができるギフトも確かにあります。けれど、そのどれもが、気持ちを贈りたい相手のイメージにはしっくりこない、という時もあるでしょう。

そういう場合にはTwitterのアカウントさえ知っていれば、チップを送るほうが良いと思いませんか。

ではこの気の利いたCoinTipというサービスをご紹介します。

株式会社セレスが2016年11月16日に始めたサービス

このビットコイン送金サービスのCoinTopは、つい最近始まったというものではなく、2016年11月にはスタートしていました。

しかし、初めて聞くという人も多いかもしれません。まだまだ個人間で仮想通貨で送金をするというのは一般的ではないということもあり、当然といえば当然かもしれません。

でも、このCoinTipでは、お互いにTwitterのアカウントさえあれば、ビットコインでの送金を手数料なしでできてしまいます。

株式会社セレスとはどんな会社?

株式会社セレスは、スマートフォン端末をメインのデバイスとするインターネットメディアを企画開発することをメインの仕事としています。

その仕事の具体例のひとつとして、電子マネーや現金に交換するためのポイントサービスを運営しています。ポイントは一種の仮想通貨(トークン)だと定義しているということです。

これまでに提携してきた企業の中にはあの大物、株式会社bitFlyertも含まれています。

ちなみに、他に株式会社セレスの業務でわかりやすい例では「モッピー」「モバトク」「お財布.com」「モッピージョブ」という有名なメディアを運営しています。

実はモッピーでお小遣いかせぎしているという人は少なくないでしょう。有名すぎますよね。何を隠そう、筆者もアカウントを持っていて、お小遣い稼ぎをしたこともあります。

東京大学ベンチャー企業の「ジャノム」と共同開発

このなにやら素敵なビットコイン送金サービスは、東大の仮想通貨ベンチャーのジェノムと共同開発したということです。

ジェノムは、「コインギフト」というECサイトを所有しています。コインギフトではモナーコインとかビットコインでアマゾンのギフト券や、iTunesカードを買えます。他にも販売されていますので、ちょっと見てみたら楽しいと思います。

このジェノムは東京大学大学院在籍中であった日向理彦氏によって設立されたということです。

実は2014年の1月から、「もなとれ」という仮想通貨交換所を運営もしていました。その名から連想できるとおり、モナコインのトレードができだそうです。

ところが、が2017年から取引を休止していたようです。再開を待っていた人も多かったようですが、残念ながら2018年6月30日に閉鎖することになっているとのことです。

ビットコインアドレスわからなくてもOK

そもそも、ビットコインアドレスが分かっていれば、勝手に自由に相手に送金をしてしまうでしょう。

しかし、そこまで親しくなく、また相手にも負担をかけたくない方法で何かを送りたいという場合もあるはずです。ビットコインを送りたいからビットコインのアドレス教えてほしいというのも、なんだかスマートではありません。

そのような場合、Twitterのアドレスさえわかればビットコインが送れるサービスがあるということを知っているだけで、選択肢が一つ増えます。

その送る相手が仮想通貨に慣れ親しんでいるような人であれば、このビットコインを送ると喜んでくれるのではないでしょうか。

なお、送れるビットコインの金額は0.00001mBTCからということです。

ちなみに、mBTCとは1 BTCの1,000分の1の単位です。
つまり1 BTC = 1,000 mBTCとなります。
そして、1,000 mBTC = 100,000,000 satoshiです。

2018年5月中旬のレートですと、たとえば1円送りたい時には0.00105mBTC送ればいいわけです。1円でも送れるということになりますね。1000円送りたいなら、1.04603mBTCを送ればいいわけです。

この換算はCoinTipの上記の画像の所でできるので簡単です。手数料がかからないのがいいですね。

寄付をするのも便利

CoinTipでは英語を含め、多言語対応しています。CoinTipのTwitterのアカウントも英語で投稿しています。

CoinTipmpロゴは、鳥がビットコインを加えているのがかわいいですね。

日本円換算もできるので、とにかく1,000円分を送りたいと思ったら、1,000と入力して、換算するボタンをクリックしたら、ビットコインでの価格を表示してくれます。わかりやすくていいですね。

このサービス、続いてくれるとよいですね。Twitterは便利な社交ツールですから、これを有効に使ったサービスは貴重ではないでしょうか。

そして、少額からチップを送れるというのもいいですね。というか、少額を送れるのが魅力だと感じます。

グッドタイミングを逃さずに、「ケーキタイムでも楽しんでください」とか「一緒に飲みたいけれど、とりあえず今回は別々に一杯楽しみましょう!」と、1,000円以内のビットコインを送る、あるいは贈るのは、すごくいい感じではないでしょうか。

沼佐睦美
沼佐睦美はフリーライターです。短大卒業後、数年社会人を経験し、米国の4年制大学に編入、卒業。
専攻は経済。株、為替、仮想通貨のトレードが趣味で、トレード歴は10年を超えます。
ドル円とユーロドルとイーサのトレードを得意としています。
linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする