仮想通貨Aeternityの将来性とは?

皆さんはAeternityというコインはご存知ですか?Aeternityは情報が少ないのでどんなコインなの?思う人が多いですが、最近Aeternityが高騰したので皆さんに紹介します。

Aeternity(エターニティ)は元々イーサリアムの兄弟と言われています。Aeternity(エターニティ)の最大の特徴としてイーサリアム(ETH)を元に作られたコインと言われています。

イーサリアム(ETH)は仮想通貨の中でも高い技術を持っているコインで、色々な所で使用する事が出来ます。

Aeternity(エターニティ)はYanislav Malahov氏が創設したAeternity Teamによって開発されました。

2016年12月に、Aeternity(エターニティ)は公開され価格を徐々に伸ばしています。

Aeternity(エターニティ)の最大の特徴は、高速な処理が出来るという所です。仮想通貨にはビットコインやリップルやNEMなど色々とありますが、Aeternity(エターニティ)は今の所殆どの通貨よりもスピードが早く更に、スケーラビリティ問題に対応する為に高い性能を維持しています。

スケーラビリティ問題を解決するAeternity(エターニティ)は投資家の興味を集めるので取引量が右肩上がりに増加していきます。

今後増加していくと処理速度が追いつかなくなる可能性がありますが、Aeternity(エターニティ)はも日々進化をしている事を考えると問題はないのではないのか?との見解もあります。

スマートコントラクトのオフチェーン処理


Aeternity(エターニティ)の特徴は「スマートコントラクト」の機能性が高くなった事です。スマートコントラクトはイーサリアムという印象がありますが、Aeternity(エターニティ)でも使用されています。

スマートコントラクトは取引履歴だけでなく取引の際に発生した契約内容も全て記録する技術です。

Aeternity(エターニティ)は今後スマートコントラクトを更に効率化させ「State Channel」という専用のチャネルを設ける予定との事です。

「State Channel」が実現した場合ブロックチェーン上でなくてもスマートコントラクトを実行出来る「オフチェーン処理」を実現する事が出来ました。

「オフチェーン処理」を使用する事によって自分が行なった履歴はブロックチェーン上で公開される事が一切ありません。

したがって、ユーザーは互いにプライベートで情報をやり取りできる空間を確保したともいえます。

Aeternity(エターニティ)は簡単にスマホでマイニングが可能?


Aeternity(エターニティ)は2つのアルゴリズムを使って構成されています。

具体的には、「PoW(Proof of Work)」と「PoS(Proof of Stake)」を組み合わせた「Cuckoo Cycle」を使っています。

「Cuckoo Cycle」は従来の「PoW(Proof of Work)」と「PoS(Proof of Stake)」の弱点部分を補い構成されています。

「Cuckoo Cycle」の最大の特徴はスマートフォンでの簡単なマイニングが可能という事で、ハイスペックなコンピューターと膨大な電力が必要となるマイニングですが、電力効率を上げるので簡単に実現可能になっています。

Aeternity(エターニティ)はどういった所で活用されるのか?


Aeternity(エターニティ)は今後高い処理スピードを活かして、銀行などと提携するだけでなく個人間の送金でも使用される事が可能になるという予想があります。

なかおりん
仮想通貨専門で執筆しており、仮想通貨に関しては多くのメディアに関わってきました。そのため、用語解説や通貨の説明なども執筆経験があり、知識に関してもかなり熟知しています。
実際に仮想通貨の取引を毎日している事から皆様に新鮮な情報を届けることが出来ます。