マイニングから撤退?中国政府がビットコインマイニングを締め出した!

皆さんは中国政府がビットコインのマイニングから撤退をしたことはご存知でしょうか?今回はそんな中国とマイニングについて詳しく紹介させていただこうと思います。皆さんも今回紹介させていただくことを参考にしていただけたらと思いますので是非最後までご覧ください。

中国政府が仮想通貨「ビットコイン」マイニングを締め出し


まず最初に紹介させていただくのが中国政府が仮想通貨「ビットコイン」マイニングを締め出したというのがあります。昨年2017年の9月には中国は「ICO(イニシャル・コイン・オファリング)」の規制をしており、ビットコインなどを取り扱っている仮想通貨取引所を実質的に閉鎖に追い込んだというのがあります。

そして、今年2018年に入り、ビットコインのマイニングをしている業者や個人に対して、規制を導入したというのがあります。それによって事業から撤退を止む負えない状況となっているというのがあります。またこれによってマイナーには大きな影響を与えてりうというのがあります。

その理由として挙げられるのが、ビットコインのマイニングは中国が3分の2以上を占めていたというのが事実としてあります。そのため、中国国内でビットコインのマイニングが出来なくなったということは、約8割のマイナーがいなくなったということになります。

それによって、現在ビットコインのマイニングをしようとマイナーが大きく大移転をしているというのがあります。

またそもそもマイニングというのはブロックチェーンの「ブロック」である取引データを生成することで、その報酬としてビットコインを受け取ることが出来るというのがあります。ですが、それには電気代というのが必要となるのですが、中国は電気代が3000ドル代となっており、世界的にも安い分類に入っている国となっていました。

そんな中国がマイニングが出来なくなったということは、世界的に影響を与えたと言っても過言ではないということになります。

また中国政府は今回紹介させて頂いているようにビットコインマイニングから指示の撤退を命令した他にも、仮想通貨の税制上の優遇を辞めました。また電力消費に対しての制限を行ったということもあり、事業の継続が出来なくなっているというのがあります。

中国の仮想通貨のリスク対応について


中国の仮想通貨のリスク対応について紹介させていただこうと思いますが、中国の国際金融政策は、仮想通貨だけではなく、中国の通貨の規制も状況を見ながら変更をしてきたというのがあります。 

中国経済が好調の際には自由化に指定、金融危機に陥った時には逆に堅固にしてきたというのがあります。

また2018年はアジア通貨危機から20年になるというのがあります。そういった中で中国は大きな影響がなかったというのが事実としてあります。そのため、中国政府が今回のように仮想通貨に対しての規制を大きく行っているというのは、仮想通貨に対してリスクがあるとしているからではないでしょうか?

またそれだけではなく世界的にも仮想通貨のセキュリティ強化に対して、問題視されているというのがあります。

日本国内では仮想通貨取引所「コインチェック」からネムが流出した事件によって金融庁が仮想通貨取引所に対して、セキュリティ強化を命じました。ですが、世界の仮想塚取引所を見てみると、口座を簡単に作る事が出来て「マネーロンダリング」が行われているというのもあります。

そのため、不正に入手したお金をマネーロンダリングをすることによって、正規の方法によって入手したお金と変えてしまうというのがあります。このような事も問題視されているということもあり、仮想通貨に対して規制の強化をしなければいけないというのがあります。

またG20は7月には「統一された規制」を提出することで、世界で仮想通貨の規制に対してのルールが発表されます。そのため、その際にマイニングに対しての規制が入る可能性もあります。

また中国政府がビットコインマイニングの規制を行った事により、世界のマイナーが電気代の安い国に移転をしたりしています。それだけではなく「カナダ」は仮想通貨のマイニングをするのであれば、とても良いとされており、現在注目されているというのがあります。

このように中国では仮想通貨に対して規制を全体的に行っているということもあり、日本国内でも規制はいずれか入ると思いますので投資家の皆さんも新しい情報を仕入れていただけたらと思いますので是非今回紹介させていただいた内容を参考にしてみてください。

今後の動向とは


如何でしたでしょうか?今回は中国政府がビットコインマイニングから撤退するように指示したことを紹介させていただきました。皆さんも是非今回紹介させていただいたことを参考にしていただけたらと思いますので是非参考にしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする