Bitbankがスマホアプリをリリース、簡単取引が可能に!

仮想通貨の取引を頻繁に行う人であればスマホアプリがリリースされている取引所は重宝します。国内ではZaif、BitFlyer、Coincheckなどではすでにスマホアプリがリリースされています。そして、4月からBitbankもスマホアプリをリリースしました。今回はアプリの紹介を中心に解説していきます。

Bitbankがスマホアプリをリリースする

Bitbankは4月12日にiPhone用アプリ、17日にはAndroidアプリを順にリリースしています。双方のアプリで差異はなく以下の特徴があります。

  • ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、モナーコイン、ビットコインキャッシュの6種類の仮想通貨の取引が可能
  • 100種類以上ものテクニカル分析で本格的な相場分析
  • 24時間365日リアルタイムの更新
  • コールドウォレットを採用しマルチシグでハッキング対策
  • 仮想通貨交換業者登録済みの事業者が運営

以上を確認すれば取引所のサイトと変わらない機能を使えることがわかります。アプリをダウンロードし、まずはセキュリティ設定が必要です。

セキュリティ設定はSMS設定(携帯番号に6桁の数字が送られてくる)と仮想通貨取引では当たり前になっている2段階認証です。

利用者の口コミ

4月のスマホアプリのリリースから少し時間が経ちますが利用者の口コミは様々です。

Twitterでの口コミを探してみると今の所は、いい口コミが多い印象を受けます。やはり、スマホで色んなことを解決したい現代人にとって嬉しいことと言えます。

スマホアプリで取引するメリット・デメリット

スマホアプリを使った取引にはメリットもありますがデメリットも覚えておかくてはなりません。メリット、デメリットをそれぞれ解説していきます。

メリット

  • 簡単操作で取引可能
  • 相場のチェックが常にできる
  • 片手間のトレードが可能

メリットは何と言っても「お手軽さ」です。スマホアプリを起動して片手で簡単な操作が可能で、相場のチェックは常にできます。

仕事で忙しい投資家でもお昼休みや休憩時間のちょっとした時間に相場を確認し片手間でのトレードを楽しむことができます。

デメリット

  • 紛失のリスク

スマホは常に携帯して持ち運びますがちょっとしたことで紛失してしまうリスクもあります。仮に紛失してしまうと大事な資産を盗まれる可能性があります。先ほど申したようにアプリをダウンロードしたらセキュリティ設定をしっかりと行なってください。

Bitbankのスマホアプリを使ってみよう

国内の取引所ではCoincheck事件、Zaifでも不正送金があるなどセキュリティ面で不安を覚える出来事がありました。

Bitbankはセキュリティの水準も以前から高いことで評判でした。そこにスマホアプリがリリースされ、ユーザーは重宝しているようです。

まだダウンロードしていなければ一度使い勝手を確認してみてはどうでしょうか。

やまちはフリーライター兼ブロガー兼投資家です。
仮想通貨分野では様々な仮想通貨の特徴を把握し、これから伸びてきそうな銘柄の研究をし、ICO関係の分析を得意としています。
自身も仮想通貨の投資を行なっています。
linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする