アルトコインの時価総額が大きく下落し年内最安値を更新、今後の材料は何が考えられる

そもそも時価総額の概念は仮想通貨の規模や価値を示すものと言えます。計算方法は「通貨発行量×市場価格」で計算する事ができます。

つまり、時価総額が大きければそれだけ、投資家からの期待値が高く多くの人にそのコインが注目されているという事を意味しています。

時価総額が高いという事は、価値が0になりにくく将来性があるといっても過言でないと考えられてきました。

しかし海外大手EthereumWorldNewsによれば、1日に数えられないほどの金額が取引される仮想通貨では時価総額で単純に格付けしあう事が正しいのか?その正当性が問われています。

結果的に不公平ではないのかという結論に至りました。
その理由は既にあるデータをメインに計算している事から市場流動性を完全に無視している数値とも言えます。

市場流動性は、仮想通貨の安定した価格で売買する時の状態の事を言うので市場流動性の推移は情報の有利性が明確に出るといっても過言ではないです。

今現在仮想通貨市場は、ETFで息を吹き返したと予想されたが、今年の最安値を更新してしまった。

2018年8月3日にビットコインは底だと思われていた83.5万円のラインを突き破った。
一度底だと思われていたラインを超えた事もあり、投資家が更に資産を抜きアルトコインなど様々なコインで10%マイナスの大暴落をつけてしまった。
あの有名なガクトコインは40%下落という大暴落を見せた。

8月に入って、いい材料が出ている仮想通貨ですが、8月4日時点を比較すると日本だけでも3.5兆円の市場規模が縮小するという結果を示した。

8月に入り右肩下がりのチャートを形成している仮想通貨ですが、原因としてアルトコイン市場の出来高が大きく関係していると考えられます。
アルトコインの地合いの悪さの原因は日本と韓国にあります。

アルトコイン取引が盛んに行われている日本と韓国市場の減退が考えられているだけでなく、出来高の通貨別取引比較を提供するCoinlibのデータを見ると一時大きな比率を占めていたJPYやKRWの取引比率が大きく減少している事がわかる。

海外の投資家がビットコインの下落原因の一つはOKExとあると発言

OKExは20億円相当のBTCを清算し、レバレッジの掛かる5億ドルのカバーをし安定させると発表しました。

発表によると、クライアントの1人が、7月31日に異常なロングポジションを注文したことによってリスク・マネジメント・システムを発動させてしまいました。
そのまま協力がなかった事からロングポジ脱却の為に口座が強制的に凍結した結果となりました。

今後投資家は700万~800万ドルを投資家たちから請求する可能性が高い事から仮想通貨市場から見るとマイナス情報です。

仮想通貨交換業の登録業者16社が参加する日本仮想通貨交換業協会の動き

日本仮想通貨交換業協会は3日に金融庁に対して2日付で仮想通貨交換業の自主規制団体としての認定を求めて申請書を提出したと発表しました。

日本仮想通貨交換業協会の動きとしては投資家保護を一番に考えている事からこの材料は仮想通貨に良い情報といえると予想します。

今後は金融庁による認定審査を受けた後に自主規制ルールを徐々にきめ、じっこうっ可能範囲での運用態勢を整備するとのこと。
ルールが決まれば徐々に株やFXなどと同じように価値が高くなり、市場にお金が流れてくると予想される。

今後の仮想通貨の市場は底のラインを割らない所で大きくは値上がりETFのラインまでは上昇すると海外投資家も予想している。

なかおりん
仮想通貨専門で執筆しており、仮想通貨に関しては多くのメディアに関わってきました。そのため、用語解説や通貨の説明なども執筆経験があり、知識に関してもかなり熟知しています。
実際に仮想通貨の取引を毎日している事から皆様に新鮮な情報を届けることが出来ます。
linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする