SBIが仮想通貨Bitcoin Cashのハードフォーク対応対応を発表?仮想通貨市場に影響はあるのか?

SBIが仮想通貨Bitcoin Cashのハードフォーク対応した事でニュースになりました。

SBIは取引所を設立すると、対応が追いつかないほどの投資家がSBI取引所に集まり、一時期新規受け入れをストップしていたほどの人気取引所の一つです。

仮想通貨交換所「VCTRADE」を運営するSBIバーチャル・カレンシーズ株式会社は10月4日、同社の公式サイトにて仮想通貨Bitcoin Cash(BCH)のハードフォークへの対応を発表しました。

Bitcoin Cash(BCH)のハードフォークへの対応は以前から顧客の声が多く、等々実現可能になったのではないのか?と言われています。

仮想通貨交換所「VCTRADE」が実際にBitcoin Cashのハードフォークをするのは2019年11月15日頃を予定しているとの事です。

Bitcoin Cashを「VCTRADE」が扱う時は顧客から預かるBitcoin Cashの保有残高データ等を確実に取得・保管するために一時取引を停止するのでは?と言われています。

ハードフォーク前後は取引バグが出る可能性があるので、一定期間取引を停止する可能性が高いとされています。

ハードフォークをする可否については賛否色々な意見が出ていますが、今後どの様な動きになるか気になる所です。

仮想通貨交換所「VCTRADE」は中途半端な対応をする事は経営戦略上しないと考えられています。

以前にもコインチェックのNEM流失事件の際にコインチェックを名指しして批判をしていた事から仮想通貨交換所「VCTRADE」は自社のセキュリティ技術にかなりの自信を持っているのではないのかと考えられます。

ハードフォークを行なうと保有者のメリットはあるのか?


投資家が一番気になる部分だと思いますが、ハードフォークを行なう事によって新しく誕生するコインは今保有しているBitcoin Cash量によって報酬を割り当てるとしています。

報酬は現金で支払う予定なので、口座振込み又は、アプリ内で現金を追加する流れになるのではないのか?言われています。

新しいコインの取引はいつからスタートなの?


Bitcoin Cashからハードフォークしたコインはブロックチェーンが安定した後に取引を開始するのではないのか?といわれています。

仮想通貨交換所「VCTRADE」の今までの動向を見る限りだと、サービスが安定し利用が可能になったと判断した場合に再開すると発言をしている事から比較的早く取引が始まるのではないのか?と予想されています。

価値はどの程度になる事が予想されているのか?

Bitcoin Cashのハードフォーク後は現金で配布する事から価格は一気に高騰すると考えられています。

投資家のスタートが同じなので比較的購入しやすい事や、ハードフォーク後は最新の11ブロックの中央値時間(平均値)がUNIXタイムスタンプ1542300000を超えた段階で実施される事が明確に出ているので、投資家が購入しやすい環境を作っているように感じます。

今後の仮想通貨市場の動きとは


仮想通貨は終わったと考える人、逆に仮想通貨市場が安定しない今がチャンスだと考えている人、考えは人それぞれ大きく異なります。

海外投資家やCEOの動きを見ると仮想通貨市場は今後大きく成長するのではないのか?と考えられています。

仮想通貨の基盤は安定しているので今後仮想通貨市場にプラスになるニュースが次々出てくれば相場は大きく成長するのではないのか?と予想されています。世界中の投資家も同時に注目をしている事は明らかです。

今後の仮想通貨市場の動きや仮想通貨交換所「VCTRADE」の動きに注目が集まると予想されます。

なかおりん
仮想通貨専門で執筆しており、仮想通貨に関しては多くのメディアに関わってきました。そのため、用語解説や通貨の説明なども執筆経験があり、知識に関してもかなり熟知しています。
実際に仮想通貨の取引を毎日している事から皆様に新鮮な情報を届けることが出来ます。