ビットコインゴールドへの被害がとまらない? 相次ぐ51%攻撃で主要仮想通貨が再評価か

ビットコインゴールドの広報責任者Edward Iska氏は、5月18日以降388200BTG(約20億円)が仮想通貨取引所から盗難された事を明らかにしています。ビットコインゴールドに51%攻撃をすることにより、二重支払いでBTGを盗難することができます。

51%攻撃について

このお話をさせて頂く上で51%攻撃のことを理解しておいた方が良いと思いますので紹介させていただきます。51%攻撃というのは、悪意のあるマイナーがハッシュレートの51%を支配することによって、取引を不当に行う事ができるというのがあります。

またこの攻撃の対象となるのが「Proof of work(POW)」を採用しているアルゴリズムを採用している仮想通貨が対象となります。またPOWは参加者がブロックをブロックチェーンに追加するシステムとなっており、参加者(マイナー)が取引の承認者となります。

その取引承認を51%以上にすることにより、全員で監視し、不正を防ぐPOWのネットワークを一時的にコントロールすることができるようになります。

ビットコインゴールドの二重支払いについて

ビットコインゴールドの広報責任者Edward Iska氏は、5月18日に388200BTG(約20億円)が仮想通貨取引所から盗難された事を明らかにしています。5月18日に悪意を持っているマイナーによって、仮想通貨取引所に51%攻撃が行われました。

上記で紹介をさせて頂いたように51%以上のハッシュパワーを有することにより、マイナーが監視して、不正を防いでいるPOWのネットワークシステムを一時的にブロックチェーンのコントロールを得る事ができます。

通常、マイニングというのは取引データをまとめたブロックを生成して、承認されたブロックを連鎖させることによってブロックチェーンを形成することが出来ます。このネットワークのコントロールを得た後にビットコインゴールドを仮想通貨取引所に預けるのと同時に別の仮想通貨をウォレットに送金していました。

悪意あるマイナーがブロックチェーンのネットワークをコントロールすることが出来たら、両方の取引を承認することが可能となっているわけです。つまり、故意的に「二重支払い」を行われたということになります。

また二重支払いが故意的に行われた事によって、20億円相当のビットコインゴールドが盗難にあっています。もしマイナーが未だに51%攻撃を可能としているのであればビットコインゴールドが盗まれる可能性がまだありますので注意をしなければいけません。

POWを持っている仮想通貨は不正される可能性がある

POWを持っている仮想通貨は不正される可能性があるというのがあります。POWのマイニングが出来る仮想通貨は不正の働きをしている動きが確認されています。
ビットコインにもPOWは採用されていますが、ビットコインの場合は資金が51%以上を超えるというのは国家規模の資金でなければいけないため、ビットコインは安全だと言えるわけです。

ですが、他の仮想通貨はビットコインのように資金の規模が大きいわけではないため、51%攻撃をされる可能性がありますので、そういった点でもPOWの採用を改善しなければいけないこともありますので、今後の規制に注目して頂けたらと思います。

なかおりんは仮想通貨専門のライターとして、多くのメディアに関わってきました。そのため、用語解説や様々な種類の通貨に詳しく、仮想通貨に関する相当な知識を有しています。
日単位で仮想通貨の取引を行っている事から仮想通貨の最新ニュースにも敏感で新鮮な情報を届けることを得意とします。
linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする