ビットコイン7月最安値更新 -パラボリックが売り転換に


一時70万円を切ったという事で、7月の最安値を更新してしまったビットコイン価格の急落。

長期チャートによると、7月2日から絶好調に続いていたことでパラボリック上の人気上昇トレンドであったが、7月10日から急下落をはじめ一気に下落トレンド入りとなってしまった。

仮想通貨市場

下落トレンド入りをした7月11日の動き

ビットコイン(BTC/JPY,bitFlyer)の値動きをじっくりと追ってみると、日本時間で7月10日の朝方までは74万円台後半と絶好調に上昇トレンドの動きを見せていたビットコインが、急遽そこから暗転直下と言った感じに急下落をし始めたと思ったら、その日のうちに70万円台までの下落を記録して、7月度最安値を更新してしまった。

6月24日の64万円台の底値を皮切りに上昇をし続けていたビットコイン相場で安心をしていたが、一転して陰りを見せてきました。
70万円台を切る動きは7月11日の早朝から幾度となく見せていましたが、現在は辛うじて70万円台に踏み留まっています。

パラボリックの転換とは

トレンドが継続を続けるか、転換をする時なのかを計る際に有効なトレンド系テクニカル指標の事をパラボリックと言う。

丸い玉がチャート上の価格帯の下に表示されていれば上昇トレンドの状態で、丸い玉が価格帯の上にある場合には下落トレンドの状態と判断する事が出来ます。
ここ数日の長期チャートを覗いてみると、7月2日からパラボリック上では順調に続いていた上昇トレンドであったが、7月10日からは一転して大きく下落を始めた事から、転換して下落トレンド入りをしてしまった事がはっきりと分かります。

現状から再び上昇トレンドに入る為に、パラボリックの転換を考えてみると、ビットコインの価格が直近数日内に急上昇をして74万から75万の上抜けをしない事には、再度上昇トレンド入りをするのは厳しい状況になっています。
逆に、ここから再度価格の下落が入った場合には、パラボリック転換点も下がるので、
長期チャートにより、トレンドの変化を見極める為にはパラボリックをしっかりと注視して、見落とさないように気を付けてください。

そんなビットコインの今後を考えてみると…

現在のビットコインの現状から考えると、中期的には高騰し続ける可能性はあります。

市場としては他の金融市場などと比べると数十兆円程度とまだまだ小さいため、むしろ一時的な金融機関からの資金投入が見込めます。

ただ様々なリスクから長期的には暴落することは多々あるのではないかと思いますが、当面の不安要素としては、各国がそれぞれ法廷のデジタル通貨を準備している事実がある事などから、その影響は非常に大きくかかわってくると思います。

仮想通貨(ブロックチェーン)に関連する株

米トランプ大統領による2000億ドル(日本円にして約22兆円)相当の対中追加完全リスト案が、日本時間早朝に公表されました。それにより米国の対中追加関税の動きに反応をした投資家の人達が、リスク回避の動きを取ったことから、日経平均が一時的にとは言え前日比450円を超える下げを記録しました。

また先週末からずっと反発を見せていたマザーズ指数も再度大幅下落をした事などから、仮想通貨(ブロックチェーン)関連株なども当然の様に全面安の記録となりました。

個別の株の動きで見てみると、仮想通貨取引所ビットポイントを子会社が運営しているREMIX(3825)が、4.55%の下降を見せて1,007円までの株価下落をみせ、先日の好決算前の水準といえる株価3桁目前までの下落をしたほか、メタップス(6172)に関しては、4.07%安と辛い数字になりました。

また一方、フォーサイド(2330)を見てみると、逆に11.27%高と、連続での大幅続伸をしている事から逆行高の数字になっています。

linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする