bitFlyerにバークレイズの元トレーダーが転職「既存金融に未来はない」

日本最大手仮想通貨取引所であるbitFlyerに、英国際金融グループであるパークレイズ証券の元トレーダーが転職することが明らかとなりました。bitFlyerを含め、仮想通貨取引所では規制強化やユーザー数の競争激化に伴って、アメリカの最大手仮想通貨取引所Coinbace(コインベース)も既存金融機関から人材を採用しており、国際的に事業を展開していこうとしています。

Coinbaceとは?

まずCoinbaceについて紹介させていただきますが、Coinbaceは30ヵ国以上でフィアット建ての仮想通貨取引を提供しているアメリカの最大手仮想通貨取引所となっています。今年2018年の4月には「Earn.com」を買収しており、自社の企業価値が「8,500億円」と算定するなど話題となりました。

bitFlyerにバークレイズのトレーダーが転職

イギリスのロンドンに本拠地を置いている国際金融グループであるバークレイズ証券の元金利スワップトレーダー村山大介氏が日本の仮想通貨取引所であるbitFlyerに転職することを明らかにしました。

村山大介氏は「今後、既存金融に未来はない」と述べており、今現在ある既存の金融機関で提供されている多くのサービスというのは仮想通貨のサービスに比べると時代遅れとなっており、不必要になるのではないかと予想をした上で転職をしたと発言をしています。

また1年間でCoinbaceのように海外の中でも最大手の仮想通貨取引所はグローバルの展開と資産管理を行っている投資家の引き入れを目的としています。そして優秀なトレーダーや金融機関の役員を人材として雇用しています。

bitFlyerの社長である加納裕三氏は、仮想通貨市場に大きな変化をもたらす要として「優秀なトレーダー」や「金融機関の役員」など才能を持っている人材が必要としており、積極的に採用していると述べています。

また加納裕三氏は「世界一の仮想通貨取引所を獲りたいと考えており、優秀な人材は国際的な金融機関から採用できる事が多い」と言及しています。コインチェックなどで発覚したように仮想通貨取引所にはセキュリティの強化が求められている現在、優秀な人材の需要というのは高まっていると発言しています。

それだけではなく、日本を始めとした韓国、アメリカ、シンガポールなど仮想通貨の規制を施行した国が増加しており、仮想通貨が今後、私達の生活に取り組まれていく上では仮想通貨の規制というのは必要不可欠になると説明をしています。

先月4月中旬には世界的有名企業であるゴールドマンサックスやニューヨーク証券会社など影響力を持っている金融機関が仮想通貨市場に参入することを決定しており、今現在ある銀行は仮想通貨の需要を無視することが出来ない状態にあります。

また日本国内でも仮想通貨取引所の規制強化が求められている今仮想通貨関連の企業は即戦力として国際的に優秀な人材を必要としているため、今後は更に多くの人材が転職するのではないかと予想しています。
それにより、投資家は仮想通貨取引所が多くの仮想通貨を受け入れる事によって、新しい資産クラスになると予想をしており、今後の仮想通貨市場が発展していく上では、bitFlyerが先駆けになっていく可能性があります。

なので今後どのようになっていくのか投資家の方は期待をして頂けると思います。今後新しい情報が入り次第、また紹介させていただきます。

なかおりんは仮想通貨専門のライターとして、多くのメディアに関わってきました。そのため、用語解説や様々な種類の通貨に詳しく、仮想通貨に関する相当な知識を有しています。
日単位で仮想通貨の取引を行っている事から仮想通貨の最新ニュースにも敏感で新鮮な情報を届けることを得意とします。
linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする