ブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」が配信開始

昨今、人気が出てきているブロックチェーンゲームをご存知でしょうか。ブロックチェーンのメリットを生かしたゲームで今後はさらなる需要の高まりが期待できる分野です。

ブロックチェーンゲームの一つとして「くりぷ豚」というゲームが配信開始されました。今回は「くりぷ豚」やブロックチェーンゲームに関して解説していきます。

「くりぷ豚」が配信開始

株式会社セレス(東京都世田谷区)はブロックチェーン関連の企画、開発、運営を行う株式会社グッドラックスリーと協力してブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」の配信を開始しました。このゲームはイーサリアム上のブロックチェーンを使ったオンラインゲームでユーザーが豚の「くりぷトン」を交配させて新品種を誕生させ、ユーザ間で交換などの取引ができるゲームです。

3京6000兆の種類があるようでかなりのコレクション性を誇るゲームになります。ゲームはお手持ちのパソコン、スマートフォンであればAndroid端末(アプリ)で楽しむことが可能です。ゲームにはイーサリアムが必要になりますので事前に用意しておきましょう。

ブロックチェーンゲームの特徴

くりぷ豚をはじめとするブロックチェーンゲームは最近、数多く配信されています。ブロックチェーンゲームと聞いてもスマホゲームと何が違うのかなど疑問を持つ方も多くいることでしょう。スマホゲームとブロックチェーンゲームの違いはたくさんありますが、一番の違いは分散型アプリケーションによってゲームが構築されているかです。

スマホゲームはアプリをダウンロードして遊ぶと思いますが開発者が管理を行なっています。しかし、ブロックチェーンゲームはゲームをコントロールする主体者が不在で管理は自動化されています。

また、スマホゲームであれば課金してもゲームを遊び終えたりすれば何も残りません。しかし、ブロックチェーンゲームであればゲーム内で使う仮想通貨はゲーム自体が無くなっても資産として残ります。ゲームで遊ぶこと、資産を残すことの一石二鳥になるわけです。

さらにブロックチェーンを使ったゲームですからどの技術を継承した特徴もあります。サーバーダウンしない、データが消えない、改ざんができない、著作権が守られる…。そのような特徴を踏まえていますのでユーザーは安心してゲームを楽しむことが可能になるのです。

人気のネットゲームならばアクセスが集中しすぎるとサーバーダウンによりサービスの一時停止など珍しいことではありません。ブロックチェーンは過去に一度もダウンしたことがないと日経新聞では報じています。

データの消失や改ざんができないのも大きなメリットで、ブロックチェーンの特徴が如実に表れている部分になります。ゲームとしての安全性は特に優れていると考えいいでしょう。

もう少し未来のある部分でいうと、ブロックチェーンはオープンソースになっていますからゲーム同士の連携も容易になるはずです。例えば、今回のくりぷ豚と他の動物系ゲームがコラボしてレアキャラの作成ができるなどユーザーの楽しみはどんどん増えていくでしょう。

今後もどのようなブロックチェーンゲームが登場するか期待したいところです。

やまちはフリーライター兼ブロガー兼投資家です。
仮想通貨分野では様々な仮想通貨の特徴を把握し、これから伸びてきそうな銘柄の研究をし、ICO関係の分析を得意としています。
自身も仮想通貨の投資を行なっています。
linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする