貨物追跡システムにブロックチェーンを活用しようとする動き?

仮想通貨の追跡能力は世界中で認められており、NEMのハッキング事件の時や、最近では日本の警視庁でも取り上げられています。

世界をみても米国税関や国境警備局などがブロックチェーンの追跡昨日を取り込もうという戦略が見られ更に、北米自由貿易協定(NAFTA)及び中米自由貿易協定(CAFTA)のパートナーによる原産地証明書の認証プロセスにブロックチェーンを活用している事が発表されています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする