貨物追跡システムにブロックチェーンを活用しようとする動き?

仮想通貨の追跡能力は世界中で認められており、NEMのハッキング事件の時や、最近では日本の警視庁でも取り上げられています。

世界をみても米国税関や国境警備局などがブロックチェーンの追跡昨日を取り込もうという戦略が見られ更に、北米自由貿易協定(NAFTA)及び中米自由貿易協定(CAFTA)のパートナーによる原産地証明書の認証プロセスにブロックチェーンを活用している事が発表されています。

なかおりん
仮想通貨専門で執筆しており、仮想通貨に関しては多くのメディアに関わってきました。そのため、用語解説や通貨の説明なども執筆経験があり、知識に関してもかなり熟知しています。
実際に仮想通貨の取引を毎日している事から皆様に新鮮な情報を届けることが出来ます。
linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする