仮想通貨におけるブロックチェーンの特徴とは?

ブロックチェーンは仮想通貨の中核をなす技術です。ブロックと呼ばれるデータ構造が鎖状につながっているのでブロックチェーンと呼ばれます。世界を変える言われる仮想通貨について知るためには、ブロックチェーンの理解が欠かせません。ブロックチェーンは情報分野でよく利用される暗号技術や、自律分散システムを使っています。この記事では、ブロックチェーンの特徴をまとめます。

ブロックチェーンに記録するもの


ブロックチェーンは別名「分散型取引台帳」と言い、ビットコインシステムでは、ブロックチェーンが「誰がどのくらいのビットコインを保有しているか」を管理している、といえば恐らく、誤解をする方が多いと思います。つまり、「ブロックチェーンと呼ばれるものがあって、台帳というくらいだから、『Aさん→○○ビットコイン保有』のようなものが並んでいるのだな」という誤解です。実はビットコインシステムにおけるブロックチェーンには、「誰がいくらビットコインを保有しているか」は記録していないのです。

そもそもブロックチェーンのデータはすべての参加者に向けて交際されるので、「Aさんが」というような情報を記載するのには向きません。ブロックチェーンは全体に公開することで、情報の正当性を担保しているので、ここは変えられません。そこで、個人情報とは一切関連のない「ウォレットアドレス(銀行口座のようなもの)」というものを作って利用します。ウォレットアドレスは、公開鍵暗号方式によって運用されています。

ビットコインの取引をトランザクションといい、ブロックチェーンにはトランザクションが記録されています。その取引の内容は「ウォレットアドレスAからウォレットアドレスBに○○ビットコインの送金があった」というものです。このような取引記録が延々と鎖状につながっています。誰がどのくらいのビットコインを所有しているかは、ブロックチェーンを最初からたどっていくことでわかります。

ウォレットアドレスについて


ウォレットアドレスは個人情報とリンクしません。ですので、銀行のように個人情報を提示することで、その口座にアクセスするわけではありません。ウォレットアドレスは金庫のようなものだと思ってください。その金庫に対応するカギを持っている人だけが、金庫を開けることができます。もしも金庫の鍵が他の人の手に渡れば、その中のお金はその人のものになりますし、鍵を無くしてしまった場合、金庫の中身にアクセスすることは永遠にできません(正確には数百年かかる計算により、暗号を解読すればアクセスできます)。ビットコインが世間をにぎわし始めたころに、「ビットコインにアクセスできなくなった」というような人がいましたが、これは秘密鍵を無くしたことが原因です。

ブロックチェーンの特徴


ウォレットアドレスは誰でも、いつでも、いくらでもつくることができます。もちろん、作っただけでは残高が0ですので意味がありません。しかし、残高0のウォレットアドレスが世界にどれだけ存在するかは誰も知りません。このウォレットアドレスが、ブロックチェーンの特徴の1つと言えます。


・ウォレットアドレスは公開鍵暗号を用いて作られ、誰でも勝手にいくらでもつくることができる。
・ウォレットアドレスの残高は、ブロックチェーンの取引記録をすべて合算することでわかる。
・トランザクションはすべてのコンピューターに公開して、全員で同じ情報により同じ仕事をする(自律分散システム)。
・中央サーバーが存在しない

おわりに

最後までご覧くださってありがとうございました。この記事では、ブロックチェーンの特徴についてまとめました。ブロックチェーンはトランザクションと呼ばれる取引記録を公開しながら記録していています。

なかおりん
仮想通貨専門で執筆しており、仮想通貨に関しては多くのメディアに関わってきました。そのため、用語解説や通貨の説明なども執筆経験があり、知識に関してもかなり熟知しています。
実際に仮想通貨の取引を毎日している事から皆様に新鮮な情報を届けることが出来ます。