電気自動車の充電履歴をブロックチェーンで管理する実証実験がスタート

自動車分野でブロックチェーン技術の応用や実証実験が相次いでいますが、電気自動車の充電にかかる新サービスの実証実験の開始がスタートしました。2018年3月1日、中部電力株式会社とインフォテリオ株式会社が発表しました。

実証実験の内容は?

本実証実験では、電気自動車やプラグインハイブリッド自動車(以下「EV等」)の充電履歴をブロックチェーンで管理する技術の実証実験が行われます。

株式会社Nayutaが開発した、ブロックチェーン対応の充電用コンセントと、インフォテリア株式会社が開発したスマートフォンアプリをインターネットやBluetoothでつなぎ、「いつ」「誰が」充電したのかというEV等の充電履歴を、ブロックチェーンの高速利用技術「Lightning network(ライトニングネットワーク)」を使って記録するということです。

実証実験の目的は?

ブロックチェーンはネットワークに参加する端末すべてで同じ情報を共有・監視し合うしくみであり、記録情報が改ざんされにくいという特徴と、中央で集中管理するサーバーを設置する必要が無いことから低コストでの構築・運営が可能であるという利点があります。

電気自動車の充電にかかる新サービスにブロックチェーン技術が応用できれば、少ない導入費で信頼性の高い充電管理システムを運用することが可能となり、たとえばマンションなど集合住宅オーナーにEVの充電設備を安価に導入してもらえるなど、新たなビジネス展開につながることが見込めます。

実験を行う会社は、プレスリリースの中で「今回の実証実験で抽出した課題の解決を図り、お客様に利便性をお届けするサービスの開発につなげてまいります」と述べています。

自動車分野でのブロックチェーン応用事例

ブロックチェーン技術の「過去の取引履歴を改ざん不可能な形ですべて記録する」という点に着目し、自動車分野ではさまざまな応用研究が進められています。

2017年5月、トヨタ自動車の子会社、米Toyota Research Institute(TRI)社は、自動運転車の開発に使う走行データの取引市場やカーシェアリングの運用などに、「ブロックチェーン」技術の適用を検討すると発表しました。

2018年2月21日には、自動車分野の先進企業AZPA株式会社は、ブロックチェーン技術適応サービス構築をめざすカウラ株式会社と業務提携を発表。自動車から発せられるデータの経済価値を高めるサービスの開発と実用化に取り組んでいくと述べました。

大手自動車企業の集まるドイツでもブロックチェーン導入の動きは顕著です。

2018年2月、ドイツのバイエルン州ミュンヘンを拠点とする自動車メーカーBMWは、ブロックチェーンベースのサプライチェーン強化プラットフォームであるVeChainとの提携を発表しました。

同じく2018年2月、ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲン社は自動車分野の変革を促進するため、IOTA技術を利用すると発表しました。IOTAは、IoTデータをやり取りするプラットフォームを運営しています。

まとめ

今後、自動車業界は自動運転技術の進展に向けて取り組みを進めていきます。その際に必要となるデータをブロックチェーン技術に頼ろうという動きが見られています。

ブロックチェーンはIoTなど他の技術とかけ合わさることによりさまざまな可能性をもたらします。

自動車分野におけるブロックチェーンのしくみを活用した新たなサービスの進展に注目が集まっています。

linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする