ゲーム好き必見!ゲームと仮想通貨を組み合わせたBitcrystals(ビットクリスタル)に期待!

筆者は実はゲームが非常に好きで、特にいろいろと頭を使わなければならないカードゲームをよく遊んでいます。カードゲームというのは奥が深く、将棋や囲碁と同じような知的なスポーツであると考えている人もいるほど。
今回紹介するBitCrystals(ビットクリスタル)は、このカードゲームと関連の強い仮想通貨です。果たして、ゲームと仮想通貨の組み合わせはうまくいくのでしょうか。

BitcrystalsとSpell of Genesis

Bitcrystalsと関連性のあるゲームは、Spell of Genesisというカードゲーム。もしかしたらピンと来る人もいるかもしれないほど全世界的に人気のあるゲームで、パソコンやスマートフォンで遊ぶことが出来ます。
このSpell of Genesisで利用できる通貨が、仮想通貨のBitcrystalsというわけです。Spell of Genesisはカードを交換する仕組みをユーザーにかなり推奨しており、交換にBitCrystalsを活用することなっています。
Spell of Genesisでの人気カードは、なんと円換算で数十万円もするものがあるため、ゲーム中心で遊んでいたら気が付いたら大きな資産を得ていたなどということもあり得る環境が出来上がっているのです。

BitCrystalsの本来の特徴

そもそも、BitCrystalsはSpell of Genesisの開発のためにICOされた仮想通貨。つまり、Spell of Genesisの開発費をICOで募集したところ、多くの人が参加したためゲーム開発に成功したというICOの成功例です。
BitCrystalsの最も注目すべき特徴はブロックチェーン技術を活用したカード発行枚数の管理。トレーディングの特徴を持ち合わせているカードゲームはレアカードといわれるカードが果たして本当にレアと呼ばれるほどの枚数しか発行されていないのか、あるいはレアカードがレアカードとしての価値を持ち続けるのかといった不安とプレイヤーは戦っています。しかし、BitCrystalsの場合、カードの発行がすべてブロックチェーンによって記録されているため、このレアカードの発行枚数をいつでも確認できるという特徴を持っているのです。これなら、プレイヤーは安心してレアカードを取引できます。また、いつだれが手に入れたカードであるのかもわかるため、不正な取引や詐欺といった問題も回避可能。ゲーム上の対人のトレードの信頼性をブロックチェーンに担保させていると説明できます。

ゲームと資産運用を連動させることはできるか

こうしてみていくと、ゲームを楽しみながらお金を増やすことはできないだろうかと考える人も多いのではないでしょうか。今のところ、トレードをうまく使ってゲーム内通貨であるBitCrystalsを増やしていくことはかなり難しいようです。というのも、トレード自体がブロックチェーンに残るため、俗にいう相場確認がしやすいという問題があります。そもそも、トレードで利益を上げるためには情報の格差が必要。ある地点で安く購入し、ある地点で高く販売する。この仕組みがなければ買って売ることで利益を上げることは非常に難しいのです。ただ、ゲーム内のイベントや市場状況によっては、あるカードに需要が集中する可能性もあり、この集中するカードを確保することで値動きに合わせた取引が出来る場合もあります。とはいえ、こうしたイベントや需給の極端な動きは突発的なものであり、完全に読み切ることは不可能ではないでしょうか。

プロゲーマーという職業

日本では市民権を得ていないプロゲーマーという職業ですが、実は海外ではかなりの人が、ゲームをすることで生活の糧を得ているのです。特にカードゲームは最初に出てきたように頭脳スポーツの一種。日本でも、将棋や囲碁で食べている人がいるのに、パソコンやスマートフォンのゲームでは食べられないというのはおかしいといえます。仮想通貨とゲームを組み合わせたICOや仮想通貨は今後もたくさん生まれていくでしょう。ゲームと広告やゲームと他人に対するエンターテイメントという掛け算をうまく組み合わせることが出来れば、もしかしたら日本でもプロゲーマーという職業が認められる日が来るかもしれませんよ。

年間100回美術館に行ける生活を目指して日々何かしている、のんびり屋ライター。
金融・投資・ビジネス・芸術・カウンセリングなどを手掛けている。
仮想通貨については2017年から本格的に勉強を始める。
小さな資金で実際の取引も経験中。「何でもとりあえずやってみる」の意識が強い。

linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする