仮想通貨は世界金融の安定に危機をもたらしてしまうのか


皆さんは仮想通貨は世界金融の安定に危機をもたらしてしまうのかわかりますでしょうか?

今回はそんな疑問について紹介させていただこうと思います。皆さんも今回紹介させていただくことを参考に仮想通貨が世界金融とどのような関係になっていくのか理解しておいた方が良いと思いますので是非最後までご覧ください。

仮想通貨は世界金融の安定に危機をもたらす?

仮想通貨は世界金融の安定に危機をもたらすのかということについて紹介させていただこうと思いますが、結論から言ってしまうと「もたらさない」という見解を「国際通貨基金(IMF)」は示しました。

最近では仮想通貨の詐欺や流出事件など話題となっていることも多いというのがあります。日本国内でもコインチェックが今年2018年の2月に発生したというのがあるわけですが、中国やロシアなどでは既に「仮想通貨に対する規制」というのを行っているというのがあります。

それだけ世界的に仮想通貨というのは取り扱われているというのがあるわけですが、規制というのは「実現する」とされています。このような姿勢というのは私個人としては良い考えだと思っており、仮想通貨がこのままハッキングや詐欺などが多発してしまうと、今後、仮想通貨が一般的に使用されるようになった場合に危険だと言えるわけです。

また世界金融というのは仮想通貨が「困難な道のり」あると言いながらも、今後どのようになっていくかはわからないと言っています。またこのような報告書では「国際的な規制をする必要がある」と述べており、「国際通貨基金(IMF)」は世界の金融機関と規制をしていくのではないかと思っています。

また金融安定理事会の議長を務めている「マーク・カーニー氏」というのは「G20」にて仮想通貨は世界経済にリスクをもたらす事はないと発言しています。その一方で「国際通貨基金(IMF)」の事務理事である「クリスティーヌ・ラガウド氏」も仮想通貨を擁護しているというのがあります。

仮想通貨というのは「国境のない通貨」とされていますがその利点を認めており、世界的にも仮想通貨というのは必要になってくるというのがあります。ですが、その分今回紹介させていただいているようにハッキングや詐欺などが多発していることから注意が必要だとしています。

仮想通貨今後どのようになる?

では仮想通貨は今後どのようになっていくのかということについて紹介させていただこうと思いますが、個人的には仮想通貨というのは一般的な決済方法や取引に使われていくようになるといえます。

国による通貨の違いがない分、仮想通貨を使うことによって経済を大きく発展することは可能であると考えているのですが、今回紹介させていただいているように、今のままでは危険だと考えています。

世界金融の安定には危機をもたらすことはないと思いますが、仮想通貨のセキュリティ技術というのは現在は安心することが出来るかもしれませんが、将来的には安心することが出来るのかというと不安な部分が残ってしまうわけです。

そのため、今回紹介させていただくことを参考に仮想通貨が今後どのようになっていくのは理解をしておいた方が良いので是非参考にしてください。

まとめ

今回は仮想通貨が世界金融の安定に危機をもたらしてしまうのかということについて紹介させていただきました。皆さんも今回紹介させていただいたように仮想通貨というのは、世界的にも利用者が増加しているということもあり、今後は更に仮想通貨の種類も増加するといえます。

そういった中で規制が必要だといえますので、仮想通貨に対する扱い方を改めなければいけないといえますので是非参考にしてみてください。

なかおりん
仮想通貨専門で執筆しており、仮想通貨に関しては多くのメディアに関わってきました。そのため、用語解説や通貨の説明なども執筆経験があり、知識に関してもかなり熟知しています。
実際に仮想通貨の取引を毎日している事から皆様に新鮮な情報を届けることが出来ます。
linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする