日常生活で気軽に使える仮想通貨?Vestarin(ベスターリン)のICOスケジュール

日々新しい銘柄が誕生している昨今ですが、ICOの情報をが多すぎてどれが良いのか分かりにくいですよね。
そこで今回は、投資家-店舗-消費者を繋げるVestarin(ベスターリン)という案件をご紹介したいと思います。

Vestarin(ベスターリン)の概要

Vestarin(ベスターリン)はモバイルアプリベースのプラットフォームです。
ちょっと分かりにくいかと思いますが、噛み砕いて説明すると「日常生活で気軽に使えるトークン」です。

これだけ聞くと、もう既に仮想通貨は普段の生活で使えるようになっているんじゃないの?と感じてしまいますが、現実にはまだまだ使用できないケースが大半です。

日本でも大手電化良品店がビットコインの決済を受付スタートしたり、仮想通貨で支払いができるバーなども徐々に存在してます。
しかし、それらが日常的に使われるかというと残念ながらそうではないことがおおいですよね。
仮想通貨の市場は今や世界で500,000,000,000アメリカドルもの規模に成長しています。
それほどの経済規模であるにも関わらず、実用化が広まっていないのはもったいないように感じます。

そこでVestarin(ベスターリン)開発チームは、スマホのアプリをメインの媒体として採用することで投資的な面だけではなく、普通に使うことのハードルを下げることを目標としています。

VSTプラットフォームを採用している店舗では、VSTトークンで商品の支払いができます。
トークンを保有している人には、収益が永続的に分配されるという仕組みです。
ただし、最近では法整備も厳しくなってきているので配当系のトークンは審査が通りにくくなっているという傾向があるので、Vestarinは直接配当が貰えるというより循環キャンペーンが定期的に行われるという仕組みを取っています。
全体の収益の50%が循環キャンペーンによりトークンホルダーに分配されます。

また、リップルのように決済としてVSTトークンを使うたびに消滅していくので長期保有していれば相対的に価値が上がるシステムです。

さらなる概要は下記の通りです。

ティッカー:VST
発行総量:2億VST
ブロックチェーン:イーサリアム
価格レート:1ETH=2000VST
プラットフォームの対応言語:15(日本語を含む)

VSTプラットフォームは世界的に簡単に利用されることを目標に開発されているため、対応言語も多いんですね。
英語をベースに日本語・韓国語・トルコ・イタリア・ドイツなど欧米・中東・アジアの言語をカバーしています。
既にデモ版のアプリはGoogle playからダウンロード可能です。
iOSでのリリースはまだのようなので、早くてもトークンセールが終わったあとになるのでは?と予想されます。

Vestarin(ベスターリン)のトークンセールのスケジュール

Vestarin(ベスターリン)のICOは、下記のようなスケジュールで進められています。

・プレセール

2018年1月30日〜2月28日
レート:1ETH=3,000VST
ディスカウント:56%
最小取引量:0.1ETH

※プレセールは5,000ETHに達すると期限前でも自動的に終了します。

・トークンセール

2018年3月5日〜4月4日
レート:1ETH=1,500VST
ディスカウント:なし
最小取引量:0.1ETH

※トークンセールの期間中に応じて、レートは変化します。

Vestarin(ベスターリン)の信用度は?

実店舗での決済を目的としたプラットフォームは、他にも存在しています。
しかしVestarin(ベスターリン)は、既にモバイル用のアプリをリリースしていることから、単なる資金調達が目的ではないことがわかります。

ICO情報の大手メディアの評論家がアドバイザーを務めているだけあって、公式サイトを見ても細部まで作り込まれていることがわかります。

VestarinのICOカレンダー

英語/美容/ダイエット/健康/映画/音楽がメイン。ライター等を勉強中。

linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする