仮想通貨の増やし方とPoWとPoSの違い

ビットコインを少し勉強していくと必ず出てくる言葉がマイニング。多くの人は、ブロックチェーンの精製に寄与すると、何やらBitcoinが増えるらしいぐらいしかピンと来ていないのではないでしょうか。今回は、このコインの増やし方についてみていきます。現在、様々な種類のコインの増やし方はありますが、その中でも最も目にするであろうPoWとPoSについてみていきましょう。

ブロックチェーン技術についておさらい

先ほど、マイニングという言葉が出てきましたので、ブロックチェーン技術についてもう一度おさらいしましょう。ブロックチェーンとは、Bitcoinなどの仮想通貨の取引履歴を保存する箱のことを指します。そもそも、通貨とはそれ自体がどのような価値を持つのかを誰かが保証する必要がある仕組みです。現実の世界では、お金を発行している中央銀行を統括する国家がこの通貨の価値を保証しています。国家自体の力(≒国家の経済力)や外交バランス(≒国家がなくなるリスク)などを総合して、その通貨の価値がどのようなものであるのか、ほかの国と取引を行っていくことによって確立していくというメカニズムです。そのため、強い通貨弱い通貨といった表現が生まれてきます。一方で、Bitcoinはこうした中央で価値を保証することはありません。そうではなく、Bitcoinの価値はプレイヤーが定めていくことになります。1Bitcoinをいくらとしてみなすのか。どこまでプレイヤーが価値があるとみなすのか。こうしたやり取りは取引を続けていくことで見えていくでしょう。この取引履歴を保存することによって、プレイヤーは現在のBitcoinの価値を知ることが出来ます。この履歴をブロックチェーンというのです。

ブロックチェーンを承認するとビットコインが増える

このブロックチェーンですが、もし仮にプレイヤーがこの精製に参加しなかった場合どうなるでしょうか?当然、仮想通貨は履歴を失うことになってしまうので、通貨としての価値がなくなります。それでは困るということで、プレイヤーにこのブロックチェーンを承認する行為に参加してもらわなければなりません。そこで、この承認活動に寄与したプレイヤーにBitcoinそのものを提供しているのです。これが、マイニングと呼ばれるものです。そして、このマイニングに参加することでBitcoinを増やす方法をPoWといいます。

ビットコインを増やす方法① PoW(Proof of Work)

ブロックチェーンは10分に1つの割合で生み出されています。この1つのブロックチェーンが出来るたびに、25Bitcoinがブロックチェーン精製に参加したプレイヤーに対して、その精製の貢献度に応じて支払われる形です。ちなみに、この精製によって生み出される通貨量の上限は決まっており、2100万枚となります。この2100万枚に到達した場合、次は取引手数料をプールすることで、この精製に対する報酬を生みだりていくことが決められているのです。このPoWは当初、非常に公平な仕組みだと思われていました。しかし、現在、圧倒的な取引量による膨大な計算式の処理のため、スーパーコンピューターや大型サーバーなどが必要になってきています。設備費やそれを維持するための電気代などが問題視されだしているのです。こうした問題点を背景に、もう一つの方法が注目されつつあります。それが、PoSです。

ビットコインを増やす方法② PoS(Proof of Stake)

PoSは承認などの手間は一切かかりません。仮想通貨の補油量に比例して新規発行の仮想通貨がもらえる仕組みになっています。イメージとしては銀行貯金の利子といえるかもしれません。この仕組みならば、圧倒的な設備や膨大な電気代などは必要ないことがわかると思います。
PoSはイーサリウムなどの、Bitcoinからすると後発組の仮想通貨に多く導入されています。これは、ある程度仕方ないでしょう。なぜなら、Bitcoinは仮想通貨として初めての存在であったため、その価値を全世界にアピールしなければなりません。一方で、後発組は既にある仮想通貨の価値を利用できるです。これは現実通貨を考えてみればわかると思うのですが、今新しい通貨を発行したとして、その通貨の価値を保証してくれる存在の信用度が低ければどうでしょうか?だれもそんな通貨は使いませんね。一方で、十分に価値を保証してくれる存在が新しい通貨を発行したとしたらどうですか?興味を持つ人は出てくると思います。このような違いが、まさにマイニング方法にも出てきていて、それがPoW・PoSといった違いとして生まれているのです。

今後も増え続けるマイニング方法

仮想通貨が価値を持つと評価されるにあたって、新しいマイニング方法が出てきました。また、PoW・PoSの他にもPoIといった仕組みも生まれてきています。新しい技術である仮想通貨は、その通貨周りの技術の発展も著しいようです。

年間100回美術館に行ける生活を目指して日々何かしている、のんびり屋ライター。
金融・投資・ビジネス・芸術・カウンセリングなどを手掛けている。
仮想通貨については2017年から本格的に勉強を始める。
小さな資金で実際の取引も経験中。「何でもとりあえずやってみる」の意識が強い。

linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする