仮想通貨で経済も大逆転?ベネズエラと仮想通貨

2017年12月3日に、ベネズエラで非常に大きなニュースがありました。
ベネズエラが仮想通貨を発行するというものです。
名を「Petro」といい、石油やガスなど現実の資源を裏付けとして発行すると発表しました。
現在ベネズエラは通貨ボリバルがスリップしており、経済低迷から脱却する方法として仮想通貨を選んだようです。
このように仮想通貨で経済を逆転させることはできるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

ベネズエラの現状

現在、ベネズエラは通貨のスリップによる経済破綻の瀬戸際にあるといわれてます。
2018年には消費者物価指数が2300%以上上昇する見込みであるとあるエコノミストは試算しており、絶望的なハイパーインフレーションに巻き込まれる可能性があるのです。
2300%ということは、100円のパンが2,300円になるということを意味します。
これでは、国民は暮らしていけません。
2017年後半からすでに生活費の高騰が始まっており、この高騰に賃金が追い付かず犯罪が増加、また必要となる衣料品が不足していることから本来であれば助かる命が助からないといった悲惨な状況が生まれつつあるようです。

ベネズエラ経済が行き詰った理由

ベネズエラは基本的に石油やダイヤモンドなどの資源のたくさんある国です。
しかし、近年の石油価格の下落により予想以上に膨らんだ負債と、ベネズエラの一部政府関係者が汚職や麻薬密売にかかわっているとしてアメリカが行っている金融制裁のダブルパンチで、経済が完全に行き詰ってしまいました。
ベネズエラの負債は2017年12月のはじめの段階で日本円して16兆円に届くといわれています。
ベネズエラのGDPは25兆円程度。
これではたとえ資源国だとしても立ちゆきません。
しかも、2016年のWEFが調査している競争力ではなんと、137か国中130位。
返したくても返せないといった状況になっていることがよくわかる数値になっていますね。

仮想通貨で一発逆転なるか!?

売るものはあっても高く買ってくれない。
そもそも元手がないので売りに行くこともできない。
これがまさにベネズエラの状況といえるでしょう。
しかも、金融制裁を食らっているのでIMFなどから正規のルートによる資金調達も難しい状況です。
この状況で、ベネズエラは仮想通貨の発行に着手することになります。
これが、最初に出てきた「Petro」です。
詳しい内容や使われている技術などは公開されていないため、よくわからないことも多いですが、石油や天然ガス、ダイヤモンドの価格で価値の裏付けをした仮想通貨となりそう。
ベネズエラの経済はこの「Petro」で復活するのかどうかは、世界経済の問題だけでなく仮想通貨ファンとしても見逃せないのではないでしょうか。

仮想通貨と実体経済

そもそも、仮想通貨が実体経済に与える影響については実はまだよくわかっていません。
これは、仮想通貨と実体経済とを強く結びつけるような通貨をまだ誰も開発できていないからともいえます。
一方で、SNS内で使える通貨やポイントの代わりとしての仮想通貨という視点であればすでにいくつかの通貨で基礎が出来上がっていますが、一国の実体経済といった議論ではどのような専門家もまだよくわからないという結論に至るでしょう。
実際、あるエコノミストは、この「Petro」がベネズエラ経済を立て直す切り札となる可能性は低いのではないかといっています。
それでも、どのような結末を迎えるのか注目です。

年間100回美術館に行ける生活を目指して日々何かしている、のんびり屋ライター。
金融・投資・ビジネス・芸術・カウンセリングなどを手掛けている。
仮想通貨については2017年から本格的に勉強を始める。
小さな資金で実際の取引も経験中。「何でもとりあえずやってみる」の意識が強い。

linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする