EOSとは何か?投資家が将来性を感じているEOSの本当の姿とは

EOSとは


EOSは2017年6月に生まれた仮想通貨となっています。次々と生まれる仮想通貨の中でもその処理速度がとても早いことで仮想通貨ユーザーから厚い信頼を受けている仮想通貨となっています。

また、分散型アプリケーションのプラットフォームの構築にも繋がるプロジェクトとなっているため、今後が期待されている仮想通貨の一つでもあります。

EOSソフトウェアと呼ばれるブロックチェーンを核として分散型アプリケーションを作成します。EOSのプラットフォームは非常に処理能力の高いプラットフォームとなっており、イーサリアムよりも高性能な機能性となっています。

処理能力が高くなっており、毎秒数百万の取引が処理できることが可能となっています。これはクレジットカードよりも高速の処理応力となっており、ビットコインの処理速度の数十万倍の速度での処理となっています。

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨が抱えている「スケーラビリティ問題」をクリアできる仮想通貨となっており、将来的にはかなり有能な仮想通貨となっています。

EOSのプラットフォームは取引手数流が無料となっています。仮想通貨がもともと今までの金融機関よりも取引手数料が低いものとなっています。

しかし、取引する量が多くなればなるほど、その手数料も膨大なものとなります。

EOSは上記でも説明したとおり取引処理がとても速いため、企業等での利用に適しているプラットフォームとなっています。

そして、EOS最大の特徴は「DPOS」という承認方法です。この承認方法はEOSを保有している人の中から投票で承認する人が選択されて、評価の高い人が優先的に選択される仕組みとなっています。

選択された人は責任を持って承認を行う必要があります。仮に承認する人が不正を働いた場合は更迭される可能性も充分あります。

EOSを手に入れる機会が多い

EOSは仮想通貨であるため、仮想通貨取引所で購入する必要がありますが、それ以外にもEOSを手に入れることができます。それは「エアドロップ」という方法です。

エアドロップとは仮想通貨を無料配布するイベントであり、仮想通貨の知名度をあげるために行われています。メールアドレスの登録やSNSのフォローが条件となっており、それらの行動を行うことで仮想通貨をプレゼントしてくれるということになります。

EOSはエアドロップを頻繁に行っている仮想通貨でもあり、EOXという販売専用のサイトも行っています。

そのため、エアドロップが今後も行われる可能性は充分あります。無料で仮想通貨が手に入るということもあって、仮想通貨の投資家も注目しているイベントの一つでもあります。

しかし、エアドロップの情報の中には、虚偽の情報もあります。こういった情報に騙されてしまって仮想通貨を盗まれてしまうというケースもあります。日頃から情報収集を行って騙されないことも重要です。

もし、エアドロップに参加することに不安を感じるのであれば、EOSを仮想通貨取引所で購入して手にいれることをオススメします。

EOSは今後も有望な仮想通貨

EOSはまだまだ今後開発が進んでいく仮想通貨として知られており、2018年でもプラットフォームのアップデートを行っており、このアップデートが実行されたことによってEOSトークンの価格が上昇しています。

EOSの将来が有望だったことから世界でも有名な仮想通貨取引所であるBitfinexと提携を発表しており、仮想通貨取引所をEOSのプロジェクトとして立ち上げる予定となっています。

まだ具体的な計画にはなっていませんが、仮想通貨取引所が立ち上がるとなると話題性も高くなります。話題になれば必然的にEOSトークンの価値も大きくなるため、投資対象としても魅力的な存在です。

もし、興味があるのであればEOSを購入して、価格の値段が高騰するタイミングを待ってみるのも良いでしょう。

なかおりん
仮想通貨専門で執筆しており、仮想通貨に関しては多くのメディアに関わってきました。そのため、用語解説や通貨の説明なども執筆経験があり、知識に関してもかなり熟知しています。
実際に仮想通貨の取引を毎日している事から皆様に新鮮な情報を届けることが出来ます。