イーサリアム価格暴落の売り圧力は、EOSによる大量売却が原因なのか?

先日、イーサリアムの価格が急落しました。仮想通貨取引所BitfinexのETH/USDで仮想通貨取引の取引量が急騰しました。その直後下落を記録しました。

イーサリアムの価格が暴落した背景には、取引量の急騰と下落に関わっているのがEOSがICOによって資金調達したイーサリアムを売却したことが原因とされています。

EOSとは?

まず、このお話をさせて頂く上でEOSのことを知っておいた方が良いので、EOSについて紹介させていただこうと思います。EOSというのは2017年に実地されたICOの中では資金調達額が1位となっています。

EOSは「分散型アプリケーション」に特化をしているプラットフォームとなっており、1秒間に数百万ン回の処理が出来る程の能力を持っており、仮想通貨の中では最速と言われています。そんなEOSの資金調達に使われていたのが「イーサリアム」になります。

このイーサリアムが売却されたことが絡んでいるのではないかと可能性が浮上をしているということになります。

5月28日に取引量の増加!

5月28日の昼頃に仮想通貨「ビットコイン」の取引量が大きく増加をしました。それによってビットコインの価格は80万円を割り込んだのですが、ビットコインだけではなくイーサリアムでも取引量が急騰して、価格が大きく下落をするという事態になりました。

これは仮想通貨取引所Bitfinexで起きたのですが、イーサリアムがビットコインの取引量より1.5倍を記録しています。その原因とされているのがEOSのイーサリアムを大量に売却したことが原因とされているわけです。

EOS運営によってイーサリアムの売却の可能性が浮上

皆さんもご存知だと思いますが、仮想通貨取引所Bitfinexは世界でも取引量が4位に入る程、流動性の高い仮想通貨取引所とされています。

Bitfinexはライセンス制度が導入されておらず、規制が他の仮想通貨取引所に比べると緩いというのがありますが、Bitfinexではイーサリアムの取引量が急騰したことに関して、EOSの運営がイーサリアムをBitfinexで売却した可能性があると、メディアが報じています。

このメディアによるとBitfinexの取引データでは1時間に18万枚のイーサリアムが取引されたことが確認されたとしており、それによってイーサリアムの価格が暴落したとされているわけです。

また下記にもEOSがICOによって集めたイーサリアムの大量売却によって売り圧力がされていると指摘をしています。イーサリアムは今年2018年の3月18日も最低価格を更新したわけですが、その際にもEOSのウォレットに動きが確認をされています。

その際には417000ETHがBitfinexに送金されていることが明らかになっており、今回も同様にEOSがイーサリアムを大量売却したのではないかとしているわけです。

だからこそ、イーサリアムの価格が下落している状況とされています。また今回のイーサリアムの暴落に関しても、EOSのウォレットから移動されたイーサリアムは1380000ETHとなっており、3日間で300000ETHが増加していることを指摘しています。

EOSは資金調達額が残り20万ETHとなっており、EOSOwnerと呼ばれるマルチシグアドレスには90万枚のイーサリアムを保有していることを明らかにしています。そのため、現在は110万枚のイーサリアムを保有している状況となっています。今後もイーサリアムが大量売却される可能性がありますので、注意をしておかなければいけません。

なかおりんは仮想通貨専門のライターとして、多くのメディアに関わってきました。そのため、用語解説や様々な種類の通貨に詳しく、仮想通貨に関する相当な知識を有しています。
日単位で仮想通貨の取引を行っている事から仮想通貨の最新ニュースにも敏感で新鮮な情報を届けることを得意とします。
linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする