ビットコインゴールドの偽ウォレットにだまされた人続出!?330万ドル以上も盗まれた?

Bitcoin Gold Walletという文字がTwitterのタイムラインで目に付きました。頭の中に金色に光る高価そうなウォレットが一瞬浮かびました。それで、ちょっと見てみると、お金が盗まれた記事のようだったので、さっそく読んでみました。

ウォレット関連の詐欺のニュースは今までも何度かあったのは知っていたのでまたか……という感じではありましたが、興味深い題材です。

それで、読んでみますと、ビットコインゴールド(BTG)の偽物のウォレットがビットコインゴールドのウエブサイトにあったということです。開発者のチームは「mybtgwallet」がスキャム(詐欺)だと明るみに出てから取り除きましたが、「時すでに遅し」でした。失った仮想通貨の総額は330万ドルにもなるそうです。では、実際にどのような詐欺だったのか、ご説明します。

一般の人にはそれが偽物のウォレットだとはわからない

このウォレット詐欺は、ウエブサイトにある実は偽物のウォレットに、ユーザーのプライベートキーをアップロードさせるというタイプの詐欺です。そして、もう消去されてはいますが、アーカイブされているバージョンは現時点ではまだ閲覧できるそうです。

ユーザーは、それが偽物のウォレットだと気が付く手立てはなかったということです。あやしく感じるような部分は特になかったということなのでしょう。

実はBTGチームは、Twitterでこの財布へのリンクをツイートして、安全なウォレットだとおススメしていたということもありました。それならば、多くの人が信じてしまうのも当然でしょう。

このようなことが、仮想通貨の3百万ドルにも及ぶ損害を成功させてしまったことに対して、BTGチームの勤勉さだけでなく、開発者全体としての義務に対しても、深刻な疑問を投げかけています。

確かにBTGチームに対して、しっかりと管理してほしいとは感じますが、少々かわいそうな気もするのは筆者だけでしょうか。こういう詐欺をする犯罪グループは、そういう行為そのものに情熱を傾けるという部分が大きいでしょう。金品を盗むことは二の次という犯罪者もいるかもしれません。

また、今週、7百万の価値のアルトコイン「Verge」が、やはりVergeのウエブサイトでおススメされていたiOSのウォレット「Coinpouch」から盗まれてしまったということが明らかになりました。

ウォレットを使う時にはよく調べてから使ったほうがよいということになりますね。しかし、素人ではなかなかわかりにくいところでしょう。

開発者が第三者が作ったウォレットのコードまで調べるべきか?

このような詐欺は、一般の人には見分ける極めて難しいでしょうから、防ぐのが難しい犯罪だといえるでしょう。では、開発者が第三者が作ったウォレットのコードをいちいちチェックすべきかどうかと聞かれたら……。それは開発者にしてみれば、よけいな仕事が増えるということになるでしょう。

しかし、私達、一般人にしてみたら、別に開発者ではなくてもいいので、誰かにチェックしてもらいたいという気持ちはあるでしょう。このような詐欺が頻繁におきるのであれば、自己責任で当方のウォレットを使用してくださいといわれても、考えてしまいますよね?

大抵の人は最初は自分でハードウォレットなどを用意してから仮想通貨の取引をはじめたりはしないでしょうから。それに、公式サイトでおススメされたら、それが最も優れたウォレットだと思ってしまいませんか?筆者なら信用していしまいます。それで詐欺にあってしまうのでしょう……。

自分のハードウォレットを用意するという方法は?

このようなウォレットに関する詐欺犯罪が増えていけば、自分で保管できるUSBなどのハードウォレットで仮想通貨を保管したいと考える人も増えるのかもしれません。

ただし、ビットコインやイーサリアムとは違って、マイナーなアルトコインにはハードタイプのウォレットはないでしょう。開発もされないかもしれません。だいたい、マイナーなコインが長く存在するのかどうかもわかりません。

ハードウォレットに全種類とまではいかなくても、取引量の多い仮想通貨10種類くらいキープしておければトレーダーさんたちにとってもとても使い勝手がよいウォレットになるのでしょうけれど。

と言っても、自分でハードウエアを管理するほうが、なくしてしまったり、壊してしまったりしそうで嫌だという方も少なくはないような気がします。筆者としてもハードウエアをひとつくらい持っていてもいいとは思っていますが、やはり自分で管理するのはイヤです。

取引所などのウォレットに置いておくのと、自分でハードウエアで管理するのとで、危険度が同じくらいなのであれば、筆者は取引所のウォレットに置いておく方を選ぶと思います。

USBなどのハードウエアはなくす可能性も、壊してしまう可能性もありますから。できれば、自分では持っていたくないところです。形あるものはいつか壊れると思っています。もちろん、ハードウエアが古くなってきたら買い替えたり、しっかりと管理できる人であれば、自分で管理したほうが安全でしょう。

ネガティブなニュースにもかかわらず仮想通貨の価格は上がっている
今回の事件では、トータルで、300万ドルのビットコイン、107,000ドルのビットコインゴールド、72,000ドルのライトコイン、30,000ドルのイーサリアムがなくなってしまったわけです。

このウォレットは多分オープンソースで、しかし、コードはGithubで後にアップデートされ、ユーザーからプライベートキーを直接mybtgwalletのスキャマーに送信できるようにしたようです。

そんな状況であっても、仮想通貨全体の価格は上がっています。もちろん、ビットコインの2017年に入ってからの価格高騰ぶりは見事なものです。

この後、BTGチームはセキュリティーのエキスパート達と共に、この事件の根柢の部分を調査しているということです。そして、近々、その情報を提供することが予期されています。

11月24日にはビットコインダイアモンドと共に次のフォークが誕生することになるでしょう。

ちなみに、今、Bitcoin Goldのサイトにアクセスすると、「ブラウザをチェックしています」というようなメッセージ(英語)が出て、ちょっと待たされます。セキュリティーに力を入れているのでしょう。
参照:Bitcoin Gold Wallet That Stole Private Keys Scooped $3.3 Million

沼佐睦美
沼佐睦美はフリーライターです。短大卒業後、数年社会人を経験し、米国の4年制大学に編入、卒業。
専攻は経済。株、為替、仮想通貨のトレードが趣味で、トレード歴は10年を超えます。
ドル円とユーロドルとイーサのトレードを得意としています。
linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする