仮想通貨関連のトラブル相談が多発している、消費者庁が公表!

皆さんは仮想通貨についてご存知でしょうか?今回はそんな仮想通貨に関連しているトラブルについて紹介させていただこうと思います。皆さんも今回紹介させていただくように仮想通貨に関礼していると思われる消費者の生活相談というのを知って頂きたいので是非最後までご覧ください。

仮想通貨のトラブルとは?

まず最初に仮想通貨のトラブルについて紹介させていただこうと思いますが、仮想通貨のトラブルというのは日々起こっているというのがあります。皆さんもご存知だと思いますが、仮想通貨がハッキングされた事件というのがありました。それがコインチェックのNEMコインの流出事件になります。

このような事件というのは日本国内だけではなく世界中でハッキング被害が遭っていたり、仮想通貨の保有者に対して不正アクセスが起こっていたりするというのがあるわけです。また最近では仮想通貨というのはブロックチェーンを利用したプラットフォームなどで「アプリケーション」を作成することも可能となっているというのがあります。

そういったアプリケーションを間違って削除してしまったりする方もいるというのがあるわけです。そのように仮想通貨というのは様々な場所で使われているというのがあるわけですが仮想通貨のトラブルに対しての相談というのは絶えない状態となっているというのがあります。

またこのような仮想通貨のトラブル相談に対して消費者庁から報告書を公表したというのがあります。

消費者庁のトラブル相談に対する報告書の公表

消費者庁は「仮想通貨に関連すると思われる消費生活相談の状況について」と報告書を公表したというのがあります。

相談件数というのは2016時点では847件となっていました。ですが2017年には2769件まで増加しており、仮想通貨が世間に知れ渡ったというのがわかって頂けると思います。また仮想通貨というのは2016年時点では相談者の殆どが60歳を超えた高齢者となっていました。

ですが2017年度では30代から50代の方が多くなっており、仮想通貨に対する利用者というのも多くなっているというのがわかります。またこのようなトラブルというのは「コインチェック」なども含まれており、仮想通貨の話題が絶えない現在では「詐欺」なども増加しているというのがあります。

仮想通貨の詐欺について

私が今回紹介させて頂いているように消費者庁から報告書を見させていただいた限りでは「トラブル」の相談内容となっているのが上記で紹介させていただいたような事が多かったというのがあります。

ですが、仮想通貨というのは最近では「ICO」といったように投資家に投資をしてもらい、資金を調達して、その資金で事業を展開していくといったプロジェクトが増加しているというのがあります。

ですが、ICOの9割が詐欺や失敗してしまう事が多く、ICOに参加した際の資金というのは失敗したとしても返ってくる事がありません。そういった点でもトラブルの原因になっているというのがあるわけです。また仮想通貨には明確な「法律」というのが決まっていません。

そういった点でも今後は更にトラブル相談というのは多くなってしまうのではないかと思いますので皆さんも気を付けるようにしてください。

まとめ

今回は仮想通貨関連のトラブル相談について紹介させていただきました。皆さんも今回紹介させていただいたように消費者庁が公表した報告書というのを是非目を通していただきたいというのがあります。

また皆さんにもトラブルというのは起こってしまう可能性がありますので是非今回紹介させていただいたことを参考にしていただけたらと思います。

なかおりんは仮想通貨専門のライターとして、多くのメディアに関わってきました。そのため、用語解説や様々な種類の通貨に詳しく、仮想通貨に関する相当な知識を有しています。
日単位で仮想通貨の取引を行っている事から仮想通貨の最新ニュースにも敏感で新鮮な情報を届けることを得意とします。
linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする