GMOコインがFC琉球のスポンサーに! 協賛金はビットコインで

18日、国内で仮想通貨取引所を営むGMOコインがサッカーJ3のFC琉球と2018年シーズンのクラブパートナーになることが分かりました。

いわゆるスポンサーになったわけですが協賛金の支払いに仮想通貨を用いるとのこと。スポンサーとして活動するときにも仮想通貨が使われる時代がいよいよ幕を開けました。今回はGMOコインとFC琉球のスポンサー契約に関して解説していきます。

GMOコインがFC琉球のクラブパートナーに

6月18日、仮想通貨交換業者のGMOコインがプロサッカーJ3に所属するFC琉球とクラブパートナー契約を結んだことが分かりました。2018年シーズンの契約になりますが、協賛金の支払いはビットコインで行われ、J2に昇格した際にはボーナスも支払うとのこと。

プロスポーツ業界でチームに対しスポンサーがつくのは当たり前のことに思えますが、協賛金をビットコインで支払うのは日本では初めての事象で世界的に見ても珍しいとみられています。協賛金の金額は10BTC、18日現在のレートではおよそ718万円。贈呈時の相場で変動する可能性はもちろんありますが、チームに贈呈された後は選手にも分配される見通しとなっています。

GMOコインがスポンサーになった理由と今後

GMOコインはFC琉球のスポンサーになった理由としてFC琉球のサポートを通してGMOコインの仮想通貨事業の認知拡大と沖縄の地域発展としています。契約自体は2018年シーズンとなっていますが更新する可能性もあるとのことです。

また、GMOコインはスポンサーとしてFC琉球のホームゲームでは横断幕の用意やゴール裏の広告ボードで自社の看板を掲示し企業アピールを行います。FC琉球はGMOコインとのスポンサー契約を機にサポーター向けにブロックチェーン技術を使ったサービスの開発を検討する姿勢です。

シーズン中のスポンサーだけではなくGMOコインはFC琉球が毎年開催している「全島サッカー1万人祭り」(2018年は7月7日開催)の冠スポンサー契約も締結しさらなる企業アピールを務める方向です。同イベントはFC琉球と藤枝MYFCと試合も行いますがFC琉球が引き分け、もしくは勝利でMVPの選手に1BTCが贈呈される予定です。レートにもよりますが70万円から80万円相当の賞金になりそうです。

ビットコインで協賛金を支払う文化

GMOコインは協賛金をビットコインで支払う方針でFC琉球とのスポンサー契約をしていますが、今のところ、仮想通貨や自社のアピールの要素が強い印象を受けます。ビットコインが日本円と同様、決済で使えるお店は増えてきていますがまだまだ実用的とは言いにくいです。

もちろん、協賛金がビットコインで支払われる文化も根付いている訳ではありません。ですから、GMOコインの今回の取り組みがいろんな場面で仮想通貨が利用できるいい事例になって欲しいと感じます。

やまちはフリーライター兼ブロガー兼投資家です。
仮想通貨分野では様々な仮想通貨の特徴を把握し、これから伸びてきそうな銘柄の研究をし、ICO関係の分析を得意としています。
自身も仮想通貨の投資を行なっています。
linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする