ゲーム報酬としてビットコイン配布、GMOが今夏開始の「CryptoChips」って?

2018年5月31日、GMOインターネット株式会社は、ゲームアプリ内で仮想通貨を報酬として配布できる「CryptoChips(クリプトチップス) byGMO(以下、CryptoChips)」を開発し、2018年8月より提供をスタートすることを発表しました。

この記事では、CryptoChipsの概要や、提供の背景、実装されるゲームの第一弾「ウィムジカルウォー」について、Twitter上での反応を見ていきます。

秘密のおこづかいシステムCryptoChipsって?

発表されたCryptoChipsのロゴを見ると「秘密のおこづかいシステム」とキャッチコピーがつけられています。いったいどういうサービスなのでしょう?

CryptoChipsは、GMOインターネットグループが提供する「ウィムジカル ウォー(Whimsical War)」というゲームに実装予定です。

ゲームの詳細は後述しますが、CryptoChipsは、ゲーム内でのランキング順位や、ミッション達成時、アイテム獲得時などさまざまな条件に応じて、プレイヤーに報酬として仮想通貨が配布されるしくみです。

なお、配布される仮想通貨としてまずはビットコインが予定されています。

プレイヤーはあらかじめビットコインの受け取りウォレットを登録しておき、報酬はその口座に振り込まれます。

CryptoChips実装ゲーム第一弾「ウィムジカル ウォー」とは?

ウィムジカル ウォーは、リアルタイム型ジントリバトルです。好きなキャラクターをフィールドに配置するだけで、あとはキャラクターが自動で行動開始します。どのタイミングで、どのキャラクターをどこに配置するか、ゲーム相手と駆け引きします。チャットで情報交換したり、意気投合したメンバーとタッグを組んで、2対2のバトルを楽しむこともできます。

CryptoChips提供の背景は?

ビットコインを入手する手段は「購入」もしくは「マイニング」がメインですが、「ゲームの報酬」として受け取れるサービスは珍しいですね。

CryptoChips提供の理由として、GMOインターネットグループは「多くの方に仮想通貨をより身近に感じていただけるように」と述べています。

2017年5月に仮想通貨売買を開始し、同年12月にはマイニング事業を開始、2018年2月からは給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入するなど、仮想通貨の実用化に尽力してきたGMOによる新たな取り組みに注目が集まっています。

Twitterでの反応は?

CryptoChipsのニュースを受け、Twitter上では「数年前はこんなの想像できなかった」「これからゲームは劇的に変わる。楽しみ」と今後のゲームのあり方に期待する声がある一方で、「(ドラクエやポケモンGOなど)有名なゲームとコラボしていったら一気に加速しそうなのに…」と、実装するゲームに対する意見、「ゲームに勝つために課金するってこと?」「内容ちゃんと見てみないと何とも言えない」といった詳細についての疑問の声もありました。

CryptoChipsでの報酬がどれくらいなのか、詳細はまだ明らかになっていません。

「おこづかい」というニュアンスからして「稼げる」というほどではないのかもしれませんが、仮想通貨の浸透に一役買ってくれることに期待したいですね。

linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする