ゴールドマンサックスCEOが2018年末に退任か? 仮想通貨に大打撃の可能性

ゴールドマンサックスのCEO・Lloyd Blankfein氏が2018年末に退任する可能性があるとして「The New York Times」が記事を5月18日に掲載しました。

ゴールドマンサックスは5月上旬には仮想通貨取引所に参入すると明らかになっていますが、ゴールドマンサックスの従業員も仮想通貨にたいして半信半疑の状態となっています。そんなゴールドマンサックスの動向に注目されています。

ゴールドマンサックスと仮想通貨の関係性

現在63歳のLloyd Blankfein氏ですが、ウォール街の中でベテランの1人として、アメリカの経済に大きく影響力を持っている人物として、12年間牽引をしてきました。

ゴールドマンサックスは5月上旬には仮想通貨取引所に参入すると明らかとなっており、ビットコインの取引や先物取引をするとされています。またLloyd Blankfein氏は昨年2017年の11月末には仮想通貨に対して、ハイリスクハイリターンとして、安定性の低さからビットコインに対しての計画をしていないと主張していました。

また計画を立てるのであれば、価格変動が1日に20%以内で収まる事が最低条件だと言っており、ビットコインに対して不快感を抱いています。ですが、その一方で仮想通貨に関して将来性が高い事を認めており、ゴールドマンサックスは5月に参入することを決定したとされています。

ゴールドマンサックスの今後の動向について

ゴールドマンサックスの今後の動向に注目がされていますが、Lloyd Blankfein氏が退任をした次のCEOの候補者として現在の社長であるDavid M. Solomon氏の名前が候補として挙がっていると「The New York Times」は述べています。

またLloyd Blankfein氏がゴールドマンサックスを退任した後は同社が仮想通貨に対してどのような方針をしていくのか不明な部分も多く、従業員の中でも仮想通貨に対して半信半疑の人が多いため、それだけ注目が多くされています。

更にゴールドマンサックスのビットコイントレード分に従事している「Rana Yared氏」によると「ビットコインは産業革命を起こすとは信じ難い」と述べています。それだけではなくビットコインに対して「詐欺通貨ではないが、仮想通貨としての特性を持っているわけではなく、ビットコインと金が類似しているため、「商品先物」として保有をしたい」とも述べています。

またゴールドマンサックスは顧客からの仮想通貨に対しての需要の増加があるので、取り扱ってほしいという要望によって仮想通貨取引所に参入を決定したというのがあります。その一方で従業員が疑問視をしているということもあるので、今後の動向に注目をしたいと思います。

まとめ

ゴールドマンサックスのCEO・Lloyd Blankfein氏が2018年末に退任するとされています。ビットコイン取引デスクは需要を増加していますが、従業員からは仮想通貨に対して半信半疑の状態となっており、疑問視されています。

そういった中でゴールドマンサックスがどのような方針をするのか、気になる事が多いと思います。投資家の皆さんも世界的有名企業であるゴールドマンサックスに注目をしている方が多いと思いますので、新しい情報が入り次第、紹介をさせて頂こうと思います。

なかおりんは仮想通貨専門のライターとして、多くのメディアに関わってきました。そのため、用語解説や様々な種類の通貨に詳しく、仮想通貨に関する相当な知識を有しています。
日単位で仮想通貨の取引を行っている事から仮想通貨の最新ニュースにも敏感で新鮮な情報を届けることを得意とします。
linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする