2018年3月、最重要イベント開催!Datarius CryptobankのITOに是非ご参加ください!

2018年春に開催を予定する主要イベントまで、いよいよあと1週間となりました。3月5日12時12分(UTC)、初のソーシャルP2P暗号化銀行であるDatariusがメインITOラウンドを開催します。プロジェクトは既に1年以上の準備活動を行ってきており、個人や企業からの注目、暗号化コミュニティのサポート、プレITOラウンドの大成功、ギャップ分析、年初と比較して5倍のコミュニティメンバー増、格付機関による高い評価、これらを全て経験してきております。

Datariusとは?

Datariusは史上初のソーシャルP2P暗号化銀行です。そしてプロジェクトの主旨は消費者の金融投資を幅広く取り揃えて提供することにあります。できるだけ幅広く。最大数の消費者に引き合わせるために。行動を選択する自由を与えるために。高度な自動化を提供するために。真のソーシャルフィンテック商品を創り出すために。境界線と利益の分散化や欠如と金融会社がパートナーや仲間になりうることを、我々は自ら証明していきます。どのフィンテックプロジェクトもこれまでこれほどにも社会化、参加者同士の直接交流に着目したことはありません。本プロジェクトチームは厳しい規則を徹底に排除することに決め、プラットフォームには技術面のサポートをさせるだけにして他のプロジェクトパートナーと対等に関連サービスを幅広く提供しています。ユーザーは最も妥当な費用と最も適切な資金借用条件を選ぶ権利があります。そして、いつでも分析者やリスク管理者に相談したり、データベース、信用、ユーザー格付、トランザクションの全履歴を参照したり、専門家(本プロジェクトスタッフだけではない)の意見を聴くことができるのです。

ITOへの参加意義とは?

DTRCトークンはCryptobankで受けられる全ての利益―最も好ましい条件でのローン、共同投資、個人用の暗号化貯金箱、信用限度、信用管理などその他多々―にアクセスするためのユニークキーであり、唯一の手段です。3月5日から4月5日まで開催されるITOラウンドは、このキーを保有する、そしてビッグボーナスを獲得する最後のチャンスとなります。トークン放出はこのラウンドの最後までで終了予定です。この品揃え最大の金融投資を行う権利を得ようとする人の数は増え続けても、トークン数は永久に変わりません。未来の銀行のアクティブユーザーとなり、本プロジェクトチームと共に利益を手にするには、これが最後で唯一のチャンスです。

参加するには

未来の銀行に参加するのはとても簡単です。やるべきことは以下のみです。
Datariusのオフィシャルウェブサイトに行き、フューチャーメンバーとして登録する(ito.datarius.io)
最新ニュースや更新情報、Datariusu開発状況を知るため、ソーシャルメディアの公式アカウントをフォローする
紹介プログラムに参加して自分の考えや情報を友人と共有し、5%の追加ボーナスを獲得する
3月5日12時12分(UTC)になったらITOに直接参加し、30%のボーナスを獲得する

ボーナスについては、ITO再編に伴い現在は下記の通りになっていることをご了承ください。

30% 開始0〜6時間以内
25% 開始6〜12時間以内
20% 開始12〜24時間以内
15% 開始24〜48時間以内
10% 開始48時間〜15日

15日目以降ラウンド終了まではボーナスはありません。

今後の見通し

 1月、本チームはできるだけ迅速に商品を市場に出すことに決めました。DTRCトークンとクラシック・コア―2017年中頃より標準的銀行アプリの開発を豊富に経験している大手企業、artARTERYが現在開発中―の連携により、Datariusが公開できるようになります。メインラウンドはまだ終了していませんが、弊社は既にライセンス申込を提出いたしました。この申込書は標準機能を搭載したエコシステムの商用版を実行、公開するための法的枠組みを完全に網羅しています。そして、弊社は早ければ2019年に1,000,000ユーザーを突破することをの戦略目的としています。
 ロビー活動や曖昧さ、貪欲さ、標準的な金融システムの陳腐さにうんざりしていませんか?金融サービスを自由に選択したくはありませんか?分散化とブロックチェーン技術の未来を信じていますか?自分の銀行でお金を稼ぎたくはありませんか?我々の答えもイエスです!DatariusはあなたのソーシャルP2P暗号化銀行です。3月5日12時12分(UTC)、datarius.io.で。

『我々は自分たちがやっていることを信じ、我々が提供するフィンテックの形式こそが未来の形式なのだということに自信を持っています。#Cryptorize! 』© Datariusチーム

linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする