ICOで詐欺を見極める方法は? ホワイトペーパーの英文を読む方法も紹介

仮想通貨の投資で「ICO」は面白い方法です。今後の将来などを見据えて投資をし、その後、プロジェクトがうまく達成されると価値も上がり儲けを出せます。

しかし、9割くらいは詐欺と言われている現状もあります。あなたの大事な資産を投じるわけですから詐欺を見抜いて投資してほしいと思います。そこで、今回はICOで詐欺を見抜く方法と英文のホワイトペーパーをうまく読む方法を紹介致します。

ICOの詐欺の手口とは

ICOとは企業などが独自トークンを発行し、ユーザーから購入してもらい資金調達することです。ICOを使い成長したプロジェクト(仮想通貨)は多数あります。

しかし、冒頭で申したように詐欺が非常に多くなっています。具体的な手口は「将来的に数倍に跳ね上がる」などと甘い言葉で情報を流し購入を促すこと、セミナーや代理店を通して仮想通貨を購入させる手口もあります。

もう少し高度な詐欺手口になるとフィッシング詐欺があります。取引所や仮想通貨の公式ホームページと酷似した偽サイトにログインしてウォレット情報などを入力すれば資産を奪われてしまいます。

詐欺かどうか見極めるポイント

ICOの人気を逆手にとって詐欺行為の手口は多様化していいます。自分でしっかりと見極めていかないといけません。そのポイントをまとめてみましたのでご覧ください。

  • 人やチラシなど勧誘があったICO案件
  • LINE@登録へ勧誘
  • 過剰な宣伝
  • SNSで写真付きのアップロードが多い
  • インターネット上で広告を出している
  • 著名人が支持していることをアピール
  • 誰かに紹介した時の報酬が高額
  • ICO自体に保障や参加条件がある
  • 翻訳できる言語数が少ない

以上に該当するICO案件は詐欺の可能性が非常に高いです。もちろん、これを満たさなくても詐欺の場合もあるますので100%安全なICOはないと念頭に入れておきましょう

これら9つのポイントをご覧になってどのようなイメージをお持ちでしょうか。勧誘、宣伝(広告)が過剰なものや不自然なものは非常に怪しいです。

最近目立つのは「LINE@登録」だと思います。初心者や知識が浅い時は自分一人でどのように情報収拾したらいいのか分からないでしょう。そういった弱者に「投資方法やICOのやり方を教えます!」とLINE@登録への登録を促す手口は横行しています。ツイッターでもその内容を見かけます。

SNSを絡めた方法でいうと美女やイケメンが仮想通貨で儲けて何かを買った、リゾート地への旅行ができるようになったなど発信している人があります。そしてICO参加へ勧誘してきます。不自然なのは明らかですので騙されないようにしてください。

宣伝方法で怪しいものといえば著名人の起用や広告を売ってまでICO案件をアピールしている場合も気をつけてください。

そもそもICOは技術力やプロジェクト、ホワイトペーパーなどで判断するのが基本です。広告を打つ費用があるのに、ICOで資金調達を考えているのは趣旨が違ってきます。冷静に考えれば判断できます。

以上をまとめると、繰り返しですがICOで詐欺を見極めるポイントは「勧誘」や「宣伝」が過剰なものかどうかです。覚えておきましょう。

ホワイトペーパーの便利な日本語訳機能

仮想通貨で言うホワイトペーパーはどのような仮想通貨なのか書かれてある文書です。その仮想通貨の公式サイトでダウンロードできるのが基本です。ICOに参加するならば一読したい文書です。

ただ、英文で書かれてあり日本人にとっては読解に苦労します。そこで重宝するのが翻訳サイトになります。以下のサイトにダウンロードしたPDFをアップロードすると簡単に翻訳してくれます。

https://www.onlinedoctranslator.com/ja/

これで、英語が苦手なん人でもホワイトペーパーを熟読しICOに参加できます。どのようなビジョンがあるのかに共感できるかどうか、しっかり判断してください。

見極めをしっかりしてICOに参加しよう

将来的に価格暴騰を期待し参加する人の多いICO。詐欺が多くなってますので見極めのポイントを基準に詐欺かどうかを判断しましょう。安全な取引ができるとこを願っています。

やまちはフリーライター兼ブロガー兼投資家です。
仮想通貨分野では様々な仮想通貨の特徴を把握し、これから伸びてきそうな銘柄の研究をし、ICO関係の分析を得意としています。
自身も仮想通貨の投資を行なっています。
linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする