【ICO情報】FiropのICOが間も無く開始! 早期購入でボーナスも?

仮想通貨の投資でAirDropやICO情報は常に気にしていたいところです。

今回、ICO情報で取り上げるのは「Firop(フィロップ)」です。Firopは造水技術の開発に注目しています。世界で問題視されている分野に着手してますので今後の価値上昇の期待感も出てきます。では、Firopに関して解説していきます。

Firopとは

Firop(フィロップ)とは「造水事業向けのマーケットプレイス」になります。造水とは水を生み出すこと、マーケットプレイスは生産者と消費者が売買する場所です。世界の人口増加に伴い、水の枯渇はすでに始まっています。何か対策を取らなければ深刻な水不足に陥ります。

具体的にどのような技術かと言うと、空気中の水蒸気から水を生み出したり海水から不要物を取り除く技術になります。しかし、現状として開発がうまく進んでいません。理由はいくつか考えらますが、資金力のある企業に開発が偏っていること。造水分野に資金を投じる人が少ない、開発環境が整わないなどの理由です。

ちなみに、地球上に存在する水のうち人間が使える水の割合は2.5パーセントほど。人口増加などにより必要な水の量はこの50年で2倍以上にも増えましたが、再生可能な水の量は40%も減少しています。数字だけ言われてもイメージしにくいかもしれませんが、この状態が続くと重大な水不足に陥るのは必至です。

そこで考えられたのがFiropなのです。投資家と企業の接点を生み出すことで造水の研究機関や企業が開発に取り組める環境をつくり出すことを目的にしています。Firopには「Firop chain」と呼ばれるマーケットプライスがあり、研究機関がトークンを発行し投資家などが購入すると資金調達が可能になります。

そして、「Firop Audit Consorrtium」では専門性の優れた監査を実現。もちろん、投資家にも内容は公開され、投資に必要な情報をいつでも閲覧できるようになっています。「Market Integrity Organization」によって研究機関の事業内容や財務状況の隠蔽や改ざんを防ぎ、投資家もインサイダー取引ができないよう、自主規制機関も設置されています。様々な仕組みで造水技術の円滑な開発が進むと見込まれています。

FiropのICO情報

気になるのはICO日程がどうなっているかでしょう。簡単に情報をまとめてみましたので以下をご覧ください。

  • ICO期間:2018年6月1日から8月31日
  • 価格…1FDP=0.5USドル(約54円)
  • ソフトキャップ(最低調達額):500万USドル
  • ハードキャップ(最高調達額):3500万USドル
  • ※FDPはトークンの通貨単位

FiropのICOは3ヶ月の期間で行われますが3500万USドルが集まった時点で終了します。また、もうすでに、AirDropも開始されています。参加すると5FDPを受け取ることができます。ただし、5万アカウントと限定されていますので、参加希望の方はお急ぎください。

AirDropが並行されているのも魅力ですが期間内に購入することでボーナスの付与があります。

  • 6月1日18時〜6月15日:200%
  • 6月16日〜6月30日:150%
  • 7月1日〜7月30日:50%
  • 8月1日〜8月31日:20%
  • 上記のようなボーナスが用意されています。ICOが開始してから2週間くらいはかなりのボーナスが用意されますので早めの購入がいいでしょう。

    FiropのICOに参加してみよう

    今後の問題点に着目したFirop。避けては通れない水不足の問題の解消には造水技術の向上が不可欠です。

    これから成長していく可能性は高いと考えられますのでICOでトークンを購入し価値の上昇を待ってみてはどうでしょうか。Firopは2018年12月に取引所上場を予定しているようです。

    やまちはフリーライター兼ブロガー兼投資家です。
    仮想通貨分野では様々な仮想通貨の特徴を把握し、これから伸びてきそうな銘柄の研究をし、ICO関係の分析を得意としています。
    自身も仮想通貨の投資を行なっています。
linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする