ICOに初参加!「ALIS」はライターやブロガーの救世主となる?

私はライターとしてはまだ1年半の駆け出しですが、少しでも良い情報を提供したいと日々奮闘しています。

ですが悲しいことに“要領良く”アクセスアップしてる記事に押され気味な現実があります。

検索サイトは真面目に記事を書こうとするライターの気持などくみ取ってはくれません。

どこにも負けないくらい良い情報をブログで提供しながらアフィリエイトをしている方も同じ気持ちだと思います。

良質な記事を提供したい…このひたむきな気持ちを真摯に受け止めてくれる、そんなプロジェクトが「ALIS」です。

ALIS」は「Steemit」に感銘を受けて立ち上がった方々によって準備が進められています。

「ALIS」の前身?「Steemit」とは

Steemit」はソーシャルメディアプラットフォーム…Twitter・Facebook・mixi・ブログなどのように、いわゆる記事を投稿するサイトです。

良質な投稿記事ほど利用者に評価され、その評価が報酬(仮想通貨STEEM)として貰えるという仕組みです。

私も登録して利用していますが、残念なことに英語が話せないとどうにもならず、少ない日本人登録者たちがお互いに評価し合っているという状態です。
※日本語版が用意されていると聞きますが、それがいつになるかはわかりません。

「Steemit」で評価を得るには記事に“いいね”の代わりの“upvote”をしてもらったり、フォローしてもらうのですが、実際は記事の内容そっちのけで“私の記事にupvoteして!”とか“私をフォローして!”といった書き込みが目立つ状況です。

本末転倒ですよね。

でも、私自身が良い記事だと思ったら、その記事を書いた方の評価を上げたいと、upvoteしたり、フォローしたり、コメントを残したりして応援しています。

記事を書くことをそっちのけで応援しているので、私の方も本末転倒な気もしますが。

「ALIS」のICOに参加!

「ALIS」は日本初の日本発信の仮想通貨です。

そして「Steemit」と同様のソーシャルメディアプラットフォームになりますが、大きな違いは、日本人による日本人のための質の高い投稿サイトを目指している点です。

どんなにハイクオリティな記事でも「Steemit」のように英語ではチンプンカンプンですが、「ALIS」では質の良い記事が当然日本語で書かれています。

そんな「ALIS」に人生初のICO参加です。
WEEK3に滑り込みしました。

ICOに初参加する後押しをしてくれたのは、2017年9月13日(※)以降のイーサリアムの価格下落です。
イーサリアムを安値で購入できたので、購入した一部をICOに回せました。
※例によって中国の影響で仮想通貨全体の価格が下落傾向にありますが、来年の5月まで長期的に見据えて色々なアルトコインをせっせと購入しています。

・マイイーサウォレットへの登録
・マイイーサウォレットにイーサリアムの送金
・ALISにイーサリアムの送金
・カスタムトークンの追加
…以上の手順で、初めてのICO参加に手間取りながらも、なんとか無事にALISトークンをGETです。

一番苦戦したのが、マイイーサウォレットにカスタムトークンの追加をする作業ですね。
公式サイトによると数分後にはトークンが振り込まれるとあったのに、1時間ほどかかったので、私のイーサリアムがどこかの誰かのウォレットに送金されてしまったのか!?とかなり焦りました。

私個人的には、「ALIS」の価値が上がって一儲けしようと考えてはおらず、純粋に将来性を信じて自分自身のために投資しました。
そんな投資があっても良いと思います。

「ALIS」の将来性

ICOに参加して、ALISトークンも振込まれましたが、最大の問題は「ALIS」がプラットフォームとして立ち上がるのかどうかです。

「ALIS」を売却するつもりはないので、大手の仮想通貨取引所で取引されなくても別に構わないのですが、ライターとして「ALIS」に記事を投稿したいのでプラットフォームとして完成してほしいです。

将来性というよりも、切なる希望でしょうか。
でもこのような希望を抱くのは私だけとは思えません。

みんなに注目してもらえるようにさまざまな知恵を絞り、工夫して記事を書き、自分の評価を上げていき、報酬がもらえたら!
どれほど素晴らしいことでしょうか。

ライターのように文章が得意じゃなくても、写真で勝負しても、動画で勝負しても良いわけです。
夢があるプロジェクトですし、自分の腕でどこまで稼げるのか試してみたいと奮起する方もたくさんいるはずです。

「ALIS」が実際に稼働したら、「Steemit」のように“私の記事にいいねして!”とか“私をフォローして!”と、あちらこちらに出没して楽をして稼ごうとする人たちも現れるでしょう。
正直そんな人たちには「ALIS」を利用してもらいたくありませんが、「ALIS」がそのような人たちをうまくフェードアウトする設定を考えてくれることを願います。

このように身近に存在を感じられる仮想通貨のICOが登場してくれると、投資も楽しくなりますね。

FXとバイナリーオプションとスワップ金利をこよなく愛するローリスクローリターンがモットーのトレーダーです。2017年に仮想通貨と出会い、ライターとして記事執筆のお仕事を頂くうちに、どっぷり仮想通貨ワールドにのめり込んでしまいました。執筆の傍らマイナーアルトコインをちまちま買っています。

linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする