ICOはより安全で簡単なStarterCoinのプラットフォームがおススメ!

今回ご紹介するのは最先端の、より優れたICOのためのICOを行う「CoinStarter」 です 。このCoinStarterのホワイトページよりますと、2017年の始めからの仮想通貨市場の時価総額は800%以上に成長しました。仮想通貨の売買を既に始めている方でしたらそれをひしひしと感じていることでしょう。

そして、ICOを行う企業の数もとても増えました。筆者自身も2017年には仕事、そしてプライベートでたくさんのホワイトページを読んできました。最初のうちはよくわからなかったのですが、そのうち少しずつ気が付くことができてきたりしました。

それで、このCoinStaterのホワイトページを読みますと、納得できることが多々ありましたので、こちらをご紹介することにしました。

CoinStarterとは

ひとことでいうと、起業家、イノベーター、クリエイターなどを援助するプラットホームです。キャンペーンを始めるところから、コイン(トークン)を配布するところまでの援助をします。ですから、ICOを始めようとしている企業はあっという間に、効率的にICOを開始することができます。

すでにベータ版で稼働している

CoinStaterはベータ版として既に稼働しています。熱狂的なコインファンのユーザーが10万人もいて、2018年2月下旬にはベータ版で完全に指導できるようです。まだ、実際に何も動いていないのではなく、既に、しっかりとしたファンが待っているということです。

ホワイトペーパーによると、 2017年7月の段階ではたった1万6000人しかいなかったユーザーも1か月後の8月には3万2500人、9月には6万5000人、10月には8万5000人、そして11月に10万人突破したということで、とても順調にユーザーを増やすことに成功しているようです。

ブロックチェーン技術を使用した安全なプラットフォームはコインファンにはツボでしょう。

ICOの問題点

ICOというのは2017年に一気に増えましたが、まだ歴史がとても新しいものです。ですから、現段階ではICOについて全然知らない方から、投機をしているような常連さんまで様々でしょう。仮想通貨の売買を毎日している人の中にも、ICOなどには興味がないという方も多いのではないでしょうか。

しかし、自分のすごく応援したいICOがあって、それに投資を簡単な方法で投資をするだけで儲かってしまうとしたらどうでしょうか?それでも興味がないでしょうか?興味があるICOも出てくるかもしれません。

ところが、全くの初心者がICO投資をしてみようとする場合、気を付けなければいけないことが多々あります。

たとえば……

【投資する側】

・そのICOが安全なのかどうかよくわからない(詐欺も結構ある)
・ICOが成功するかどうかよくわからない(それは投資なので仕方がない部分)

大切なことですが、ICOでリスクがあるのは投資をする側だけではありません。

【ICOする側(投資される側)】

・資金を提供してくれる人が見つけるのが難しい(宣伝費もない)
・効率の良いICOのやり方がわからないので準備に時間がかかりすぎる(新しいことなので仕方がない)

このような問題に突き当たります。簡単にいうと、ICOを行う側も、ICO投資をする側も、安全とは言い切れません。また、お金がかけられなければ、効率的でもないでしょう。そこに注目したのがCoinStarterというわけです。

コインファンにとっては安心感に繋がる
仮想通貨大好き、ブロックチェーン技術大好き、トレード大好き、クラウドファンディング大好きという、いわゆる投資大好き人間はSNSなどでは簡単に見つかります。ちょっと検索をしてみただけで、興味深いブログを発信している人を見つけることができます。

しかし、自分の周囲に同じようにブロックチェーンとかICOとかが好きな人が見つかり、お互いに自由に連絡が取りやすいかということ、そんなことはありません。

実際のところ、投資家は少しでも正確な情報をできるだけはやく欲しいはずです。ですから、繋がれる人とは繋がって情報交換をしたいと思っている投資家は決して少なくないはずです。そのようなコインファンの願いを叶えるのがCoinStarterです。

CoinStarterに、たくさんのコインファンがあっという間に集まるということも納得できますね。そして、やはりすでにベータ版であって稼働しているということは安心感に繋がりますね。

ICOをする側にとっても効率よく進めやすい
ICOが大好きな投資家たちが既に集まっているならば、投資してくれる投資家を早く見つけやすいでしょう。つまり頑張って宣伝しなくても、また宣伝がへたくそでも、ICO好きに見つけてもらいやすいということです。

とりあえず、見つけてさえもらえればICOをする側も一歩先に進めるでしょう。本当に良い物であって、時代が必要としているものであれば、気が付いてくれる投資家もそのうち現れる可能性が高いでしょう。

「Businefy」というビジネス分析プラットフォーム

Businefyがクラウドセールを成功させるための強力なアプリケーションなどを提供してくれるプラットフォームです。まだお金を持っていない未熟な起業家や企業などにはとても心強いものとなるでしょう。

「CoinStarterBox」ははじめてのICOサブスクリプションサービス

毎月、CoinStaterからメンバーのイーサリアムウォレットに優れたICOのコインを送ってもらえます。時にはすごく価値があるコインが配られるかもしれません。

メンバーにとっては、今月はどのようなICOのコインがもらえるかという楽しみの他に、思わぬ価値のあるコインをもらえるかもしれないという楽しみもあるわけです。これはなかなか面白い方法ではないでしょうか。

メンバーにとってはそれまで知らなかったICOを知るきっかけになりますし。半谷に、ICOに挑戦している側にとっては、一気に人気が出て、資金があっという間に集まってしまうというようなラッキーなこともあるかもしれません。

これはとても楽しいサービスですね。毎月購読している雑誌の付録みたいな感じでしょうね。商売上手な感じがいたします。

ホワイトペーパーを読んでいて面白いのは 、 あなたが 使用の初心者であってもプロであっても 私のホワイトペーパーは しっかり読んでくださいと書いてあります 理由は アシスタントするし始めるからです

ちなみに この 恋スターターでは myself行ってからすぐに セールが始まります つまりつなげて続けて行うという形なります
しようが 無料した後は 一般の取引所などで フタタ恋を買うことができるなるでしょう

ウエブ

https://coinstarter.com/

カテゴリー

インフラ

全供給量

980,000,000

トークンの価格

4500 STC = 1 ETH
1STC = 0.06122 ETH

クラウドファンディングのスタート

2018年1月6日(前セール)
2018年1月20日(本セール)

クラウドファンディングの終了

2018年2月17日

クラウドファンディング中の割引

早く購入すれば、それだけ割引率が大きくなる

ICO終了後のCoinStaeterのコインは?

CoirStarterのコインは、ICOが終了後、多くの一般の取引所で売買できるようになることを目指しているということです。その時には「STC」という短縮形で登録するようです。取引所で売買されるようになってからの価格は他のコインと同じように、さまざまなことによって変動するようになるでしょう。

CoinStarterなので、「CST」ではないのかな?と思うかもしれませんが、「STC(StarterCoin)」です。

いかがでしょうか?ICO好きには興味が持てそうな分野のICOだと思います。ブロックチェーンの導入により安全にICOに参加できるというのが魅力ですね。

沼佐睦美
沼佐睦美はフリーライターです。短大卒業後、数年社会人を経験し、米国の4年制大学に編入、卒業。
専攻は経済。株、為替、仮想通貨のトレードが趣味で、トレード歴は10年を超えます。
ドル円とユーロドルとイーサのトレードを得意としています。
linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする