ICO:MyBitとは?

ICO:MyBitとは?

少し前に再生可能エネルギーとして太陽光発電パネルというものが話題になりました。
現在でも、火力や原子力に代わる発電方法として注目を浴びています。
この太陽光発電パネルの開発と土地の利活用についての投資を仮想通貨を通じて行おうという通貨があります。
それが、MyBitです。

MyBitの特徴

MyBitには大きな特徴が3つあります。
・太陽光発電の事業のための出資を集めている
・手数料が安い
・太陽光発電事業を進めていくため、スリップの可能性が低い

MyBitがICOにてお金を集めている理由は、太陽光発電の更なる普及を目指してということが大きく掲げられています。
この事業を進めている経営者たちは、火力や原子力などの集中型の発電システムについて疑問を持っているようです。
家庭や会社などそれぞれが太陽光発電システムを完備することによって、よりスピーディでコストのかからない発電システムを作り上げることができると主張しています。
また、このMyBitを利用した太陽光発電投資には大きなメリットがあり、手数料が安い事です。
これはどういうことかというと、多くの投資案件というのは、実際の事業主やそのシステムの持主との間に、証券会社などの金融機関を挟んでいるため、手数料が多くかかるのが一般的でしょう。

一方、MyBitは自社で太陽光発電事業を進めていくため、この中間手数料をかけることなく、投資を行うことができます。
これは、MyBitとしては投資対象としての魅力を高めることができ、同時に投資家視点からすると、自分のお金を手数料で目減りさせることなく存分に活用できるというお互いにメリットの大きな仕組みです。

そして、MyBitのもう1つの特徴は、先述した自社で太陽光発電事業を進めていくというものです。
多くの仮想通貨では、通貨そのものを取り扱う、一種の金融商品としての一面しか持っていません。
例えば、BitcoinはBitcoinのやり取りでしか利益を得ていないのです。
一方で、MyBitは確かに仮想通貨によるやり取りで一定の収益を上げる構図にはなっていますが、同時に太陽光発電に対しての事業も行うことになります。
加えて、太陽光発電の事業は一度軌道に乗ると大きな収益は見込めませんが、同時に大きなマイナスも発生しない波の少ない事業です。
このため、MyBitは他の仮想通貨と比べても、非常に堅実な取引が可能になる通貨ではないかと期待されています。

MyBitが目指す未来

MyBitは、来たる仮想通貨世界において、スマートシティ構想やスマートコントラクトが非常に重要な価値を持ってくるという視点に立っています。
これは、自らの生活をより安全に、自らの力で計画していくというライフデザインの思考といえるでしょう。
また、投資とビジネスにおいて、中間管理的要素を排除し、ビジネスに対してよりダイレクトな影響力を持つ投資システムについて仮想通貨が非常に重要な役割を持つのではないかと考えています。
ライフデザインと投資システムという今後の人類の生き方についての非常に重要なキーワードについて、MyBitは大きな役割を持つようになるかもしれません。
MyBitは太陽光発電と仮想通貨という仕組みが、より多くの富を世界にもたらすという確信の下で仮想通貨事業に乗り出しています。
更に日進月歩と進化し続けるAIやクラウドと言った仕組みもこれらと綿密に絡み合い、更なる新しい世界を生み出す原動力になるはずです。
ぜひ一度チェックしてみることをお勧めします。

年間100回美術館に行ける生活を目指して日々何かしている、のんびり屋ライター。
金融・投資・ビジネス・芸術・カウンセリングなどを手掛けている。
仮想通貨については2017年から本格的に勉強を始める。
小さな資金で実際の取引も経験中。「何でもとりあえずやってみる」の意識が強い。

linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする