「モノのインターネット」と仮想通貨はIOTA

あらゆるものがインターネットにつながり、それを利用してさまざまな活動をしようという仕組みが広まりつつあります。これをIoT「モノのインターネット」と呼び、この仕組みと連動した仮想通貨はIOTA(アイオータ)と呼ばれ、仮想通過の市場でも注目の通貨です。このIOTAについて今回は見ていきましょう。

IoTとはなんなのか

IOTAをまとめる前に、まずはIoTについて調べていきましょう。IoTとは「モノのインターネット」と呼ばれ、現在インターネット端末として活用されている携帯電話・スマートフォン・PCなどの通信機器だけでなく、あらゆるものとインターネットをつなげてしまおうという広大な構想です。想定されているのは主に電化製品でしょう。たとえば、家電とインターネットをつなげることで、帰宅時間に合わせて炊飯器でお米が炊かれていたり冷暖房のスイッチが入ったりなどが考えられます。これは、炊飯器やクーラーにインターネットが導入され、スマートフォンが持つGPS機能と連動させることで、帰宅時間を電化製品がキャッチするというものです。あるいは、渋滞情報をリアルタイムで1台1台の車が情報を送受信しあうことによって、より効率的な道筋をすばやくキャッチすることができるでしょう。このように、すべてのモノがネットにつなげることで、生活をより便利にしようというのがIoTです。この計画は2015年から議論されています。

IoTとIOTA

IoTが浸透していくと、日常のさまざまなサービスがすべてインターネットを介して行われていくといわれています。そのため、細かい日用品の支払いなどが全部インターネット上の通貨で決済が進んでいくことになるでしょう。ここで必要となってくるのが、IoTのための仮想通貨であり、それがIOTAなのです。しかし、細かい決済がたくさん発生するというのは、仮想通貨を勉強した人にとっては恐ろしいなぁと感じるのではないでしょうか。仮想通貨の決済には手数料がかかるためです。

IOTAの手数料とTangle

たくさんの小額決済で発生する手数料。しかし、実はIOTAの場合、この手数料をほとんど無料としてしまう技術が含まれています。それが、分散台帳技術Tangleです。Tangleとはブロックチェーンを活用しない台帳と考えてください。ブロックチェーンと同じような情報台帳ではありますが、ブロックチェーンとはまったく異なる仕組みで、ブロックも作られません。Tangleの理論も複雑な計算式によって算出されていますが、ブロックチェーンのようなほかのコンピュータによる承認(マイニング)を必要とせず、取引を行う当事者が承認を行うため、承認時間も短くブロックチェーンを活用する取引と比べて決済プロセスも大幅に短縮できるのです。このTangleの仕組みが、IOTA上の取引の手数料を無料としてしまいます。

IOTAの起こす未来

承認時間が短く、手数料がかからないという仕組みは、まさに大量の小額決済をするための通貨といえるような特徴を持っているIOTA。IoTの研究が進むにつれて、その重要度は増し続けています。その期待度の高さは、上場初日になんと市場総額1800億円をマークしたことからも伺えるでしょう。ただ一方で、IoTそのものについてはセキュリティの問題がもともと議論されており、十分な解決策はいまだに研究中というところになっています。加えてIOTAにも2017年8月に重大なセキュリティホールが発見されました。この問題はすでに解決されていますがIoTはまだまだ発展途上の技術です。IOTAについても、今後さらに注目し情報を集めることをお勧めします。しかし、IoTならびにIOTAについては、近未来的な活用法が考えられるすばらしい技術であることは間違いありません。20世紀のSFで書かれていたような御伽噺のような近未来の生活は、このIoTとIOTAが担っていくのかもしれませんね。

年間100回美術館に行ける生活を目指して日々何かしている、のんびり屋ライター。
金融・投資・ビジネス・芸術・カウンセリングなどを手掛けている。
仮想通貨については2017年から本格的に勉強を始める。
小さな資金で実際の取引も経験中。「何でもとりあえずやってみる」の意識が強い。

linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする